アカデミックハラスメントを受け大学院を辞めさせてもらえなかった話

アカデミックハラスメント学校のトラブル
この記事は約3分で読めます。

アカデミックハラスメントとは?

アカデミックハラスメントという言葉、あまりなじみがないと思います。要するにパワハラと同じようなものなんですが、ざっくりいうと、舞台が会社ではなく大学になります。そして上司→部下ではなく、教授→学生への、立場を利用した嫌がらせのことです。

大学の教授と学生というと、「上下関係とかなくて、自由でいいじゃん」と思うかもしれません。しかしどうも、大学の教授・准教授は、簡単にはクビになったり減給されたりしないようなんです。そのため、「会社でこんなことしたら普通クビになるでしょ」ということをしても、平気で地位を守ってるお偉い教授様がゴロゴロいます。

さらにタチの悪いことに、教授・准教授というのは、社会人経験のないまま職に就いた人たちなので、一般常識がありません。

私が、大学の研究室の研修旅行で飲み会に参加した時のことです。旅行先で温泉に入って、すっぴんで浴衣で参加したところ、当時の主任教授に、「浴衣姿も色っぽいねえ」と言われてぞっとしました。さらに、周りのOBの先輩が「教授のグラスが空だぞ、何やってんだ」とか言ってきます。それで、怖くてお酒を飲みすぎてしまって、病院に救急搬送されたんです。

そうしたら、その主任教授は、私の親に「あなたの娘を病院に入院させましたので」とだけ伝えて電話を切ってしまったそうです。父は、病院名が知りたくて何度も電話をしたそうですが、あろうことかその主任教授は「学生の親風情が無礼な」と着信拒否してしまったそうです。必要なホウレンソウのできない人種ということですよね。

⇒アカデミックハラスメントの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

私が受けたアカデミックハラスメントとは?

今回話題にしたいのは、その主任教授ではなく、私の指導教官だった教授(当時准教授)のことです。私はその指導教官に、ドレイとしてこき使われ続けて、メンタルをやられました。

その指導教官も、企業人なら当たり前のホウレンソウができない、というか「やらない」人でした。

会社なら私の上司にあたるわけですから、普通、私の提出した報告書(論文)を読んで、何らかの反応をくれるはずですよね?でも、そういうことは一切してくれませんでした。そして、論文に協力してくれる幼稚園への依頼の連絡もまともにしてくれませんでした。

ぶっちゃけて言えば、「必要なことは何もしてやらない」。その一方で、ただ「指導教官」というだけで、自分の学生の論文の「共著者」におさまって、「自分の論文」を増やしていっている人でした。その指導教官が自力で論文を書いたという話は聞いたことがありません。しかし、現在実力派の研究者として、言語学会に名をとどろかせているお偉い教授様です。

⇒アカデミックハラスメントの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

しかし実際は、その指導教官は、学生をドレイとして働かせて、甘い汁を吸い上げているだけです(多分現在進行形)。私もそのドレイの一人でした。ある時はまるで実験動物のように、ほとんど毎日MRI(脳の画像を撮る機械)に閉じ込められて、長いときは一時間そこで身動きするなと言われたこともありました。無給でです。

そして決定的だったのが、お酒の席で、その指導教官に、「お前の論文なんか誰も読まないもんなあ?」と笑い飛ばされたことです。その場が一瞬凍り付きました。その時やっと、その指導教官が、学生を「指導」するつもりなど1ミリもないんだと確信しました。

「もうこの人の下ではやっていけない」と思いました。そして後日、その指導教官の部屋に、「大学を辞めさせてほしい」と訴えに行きました。

タイトルとURLをコピーしました