アフィリエイト詐欺で35万円騙された被害者の声

アフィリエイト詐欺お金のトラブル
この記事は約3分で読めます。
半沢君の弁護士保険窓口

この前購入したアフィリエイト教材本当に価値のあるものかしら??もしかしたらアフィリエイト詐欺に遭ったのかもしれない、、、と疑問に思っているのなら「本当にアフィリエイト詐欺に合っているのかもしれません」

疑問に思い始めたとき、調べ始めたときがチャンス。このままお金を払い続ければ更なる泥沼に入り込んでしまうことも。とにかくいま立ち止まってあなたの購入した教材が詐欺なのかどうか調べていきましょう。

⇒アフィリエイト詐欺を撃退・予防できる弁護士保険とは?

アフィリエイト詐欺に騙された事例

アフィリエイト界隈では教材詐欺が盛んです。アフィリエイトである程度経験のある初心者(半年くらい経験がありアフィリエイト情報を何となく理解している人)はアフィリエイト教材には詐欺が多いことを知っているので引っ掛かることは少ないです。

でも「アフィリエイトってなに?」「どうやって稼ぐのか全然イメージが湧かない」という超初心者はアフィリエイト詐欺の恰好のターゲット。フリーランスにあこがれるあなた!会社に通わずに自宅でひとりでパソコンでお金を稼げるのは超魅力的。でもそこにはアフィリエイト超初心者を狙う罠がたくさん仕掛けられているのです。

実際に私は、会社に通わずに自宅でひとりでパソコンで稼げるアフィリエイトに憧れ、見事に35万円を詐欺られました。

アフィリエイト詐欺集団の手口

アフィリエイト教材を売る詐欺集団の手口にはパターンがあります。

最初は無料メールなどで誘い、後からやたら長い動画が送られてきます。そのメールや動画を連日見ているうちに教材が欲しくなり購入してしまいます。

  • 価値ある内容の動画を無料で公開してくる
  • 宣伝動画内で、自称ネットビジネス界隈TOPの権威者が登場する
  • そんなTOP権威者の集大成マニュアルをチラつかせ「これさえあれば収入を得られる」など謳ってくる
  • もっとお金を払うとよりレアな情報を手に入れられ、TOPの権威者にも近付ける支払い構造になっている。「成功したければ成功した人の近くで学んだ方がいい」などと煽ってくる
  • 昔の偉人の語録をメールにふんだんに使い回し、向上心を刺激する(数日に一回メールが送られてくる)

これらの手法にはまり、完全に思考を操作され、動画やメールの指示通りに期待しお金を支払ってしまう構造に。詐欺に遭う人は、余程のお人好しか人を信じやすい人だと私は思っていました。

でも詐欺師は実は詐欺としてプロ。人間の心理をよく研究しているものなんですよ。

アフィリエイト詐欺の返金は可能か?

このように意外と簡単に引っかかってしまいやすいアフィリエイト詐欺。もしあなたも詐欺商材を購入してしまったら「返金可能か?」気になりますよね。

  1. 販売者に直接返金交渉する
  2. 消費者センターに相談する
  3. 弁護士に相談する

まずは、販売者に直接返金交渉しましょう。

販売者もいきなり消費者センターや弁護士から返金の要求が来たら混乱しますよね。そこでまずは当事者同士で交渉をします。ちょっと緊張しますがメールや電話などで理由を説明して返金交渉しましょう。

ハッキリ言って詐欺商材でなければこの返金交渉に応じてくれるはずです。応じてくれないのであればそれは詐欺であった可能性が高いでしょう。

直接交渉に失敗したら、消費者センターに相談しましょう。もしかしたらあなたと同じような相談がいくつも寄せられているかもしれません。

消費者センターでは「経緯文」というのを書いて消費者センターが直接販売者に連絡してくれます。経緯文とは「こんな経緯で商品を購入してしまったが、〇〇な理由で返金要求したい」という内容です。

タイトルとURLをコピーしました