急に殴られた!難癖じじいの無差別な暴力

殴られた人間関係のトラブル
この記事は約3分で読めます。

その後、気が済んだのかおじさんはどこかに行ってしまいました。僕たちもこれ以上、関わりたくないと考えたので急いで逃げました。実際にこの判断はかなり正しかったと思います。やり返していたら、さらに殴られたりしてけがを負っていたはずです。

今高校生だったらスマホなどもあるので、十分に対抗できたと思えるとかなり悔しいです。大人になって思い出してみても、理不尽で最悪ですが、きちんと逃げてよかったとも思える出来事だったと思います。

⇒老害トラブルに巻き込まれた時に言い返す自信がない人におすすめの「弁護士保険」とは?

不審者に絡まれた場合どうすればいいのか

不審者はいつどこで出くわすか分かりません。行動も読めないことが多いので、十分に気を付ける必要があります。しかし、現代においては、多くの対策法があります。下記の5つの対策法をご覧ください。

  • 大声を出す
  • はっきりと意志否定をする
  • 防犯グッズを使う
  • 110番をする
  • 逃げられそうであれば逃げる

⇒老害トラブルに巻き込まれた時に言い返す自信がない人におすすめの「弁護士保険」とは?

まずは大声を出して驚かせましょう。案外それで逃げていく不審者も多いです。周りに異変を知らせる合図にもなるので一石二鳥です。周りが味方になれば、一気に相手が不利になる可能性も高まるので、おすすめの対策法です。

大声を出すと同時に、相手をはっきりと否定しましょう。「止めてください!」「近づかないでください!警察に通報しますよ!」などのシンプルなセリフでも効いたりするものです。臆せず、相手を否定する態度を見せてあげましょう。

防犯グッズを使うのも手段として有効です。今ではどこでも防犯グッズが売っているので、手に入りやすいです。直接殴られたりしそうになったら、防犯スプレーも非常に強力です。あなたの身を確実に守ってくれるでしょう。

110番通報も有効です。事態がややこしくなる可能性がありますが、もし殴られたりしたら通報しても良いでしょう。相手に社会的な制裁を下せるかもしれません。暴力をふるってくる相手には賢くやり返すべきです。間違っても殴り返したりはしないようにしましょう。

最終手段としては、逃げられそうなときは逃げることも考えるべきです。不審者はエスカレートしてくると、何をしてくるか分かったものではありません。なので、逃げるのが一番の対応策であることは多いのです。きちんとタイミングをうかがって逃げるようにしましょう。

上記のように不審者に対応する方法は案外、多く存在するものなのです。間違えても、殴られたからといって、暴力でやり返さないようにしましょう。後々、あなたが不利になってしまうことがあります。なにをされても暴力でやり返すのは止めておきましょう。

このご時世でも不審者は多くいます。特に、夜道などはあぶないので、男性でも注意するようにしましょう。用心することに越したことはありません。

⇒老害トラブルに巻き込まれた時に言い返す自信がない人におすすめの「弁護士保険」とは?

タイトルとURLをコピーしました