営業の先輩に契約を横取りされた

営業の横取り職場のトラブル
この記事は約2分で読めます。
半沢君の弁護士保険窓口

僕が営業職に就いて、約1年が経とうとしています。営業職と言えば、「断られるのが辛い」「ノルマが大変そう」というイメージがあると思います。確かにそれも有りますが、それ以外にも辛いことが有ります。

今回は、僕が営業職を通じて、一番辛かった出来事についてご紹介します。

⇒営業トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

初めての営業で先輩との同行訪問

営業職を経験したことがなかった僕は、入社から3ヶ月間は教育係の先輩と一緒に営業を回りました。飛び込み営業からテレアポ、商談、契約、ルート営業まで全ての流れを叩き込まれました。

そして、1ヶ月半が経った頃、僕の営業を先輩が同行するというような形で最終仕上げに入りました。そのおかげで、1人で営業を回ることを認められ、そこから2ヶ月ほどはずっと1人で営業を回っていました。

初めて1人での営業で取ったアポイント

毎日営業を回っていたある日、初めて1人でアポイントを取ることに成功しました。さっそくそのことを、僕を教育してくれた先輩へ話しました。その時は、先輩もすごく喜んでくれました。

しかし、ここで先輩に相談したのが間違いでした。普通であれば、「何が間違いなの?」と思うかもしれません。おそらく、僕の会社だけでなく営業職として働いている方は、それはやらない方が良いと思った方もいるのではないでしょうか?

僕は先輩に対して、日程や会社名、アポイントの場所、相手の反応などの全てを詳しく教えてしまったのです。これで、誰でも自然に商談を行うことができます。

アポイントの日程を先輩に報告したら横取りされた?

アポイント当日、先輩から事務処理の仕事を任されました。予定は、14:00からでしたが13:00に急に仕事を振られ、すぐに仕上げて欲しいと言われました。

しかし、間に合いそうになく先輩に伝えようとしましたが、先輩の姿はありませんでした。そのため、電話で連絡してみると「俺が商談しとくから」とだけ言われ、結局僕はアポイントに間に合わず、先輩が商談することになりました。

そして、そのまま契約を取り、自分自身の契約としたのです。もちろん上司への報告の際に、私の名前は一切出てきませんでした。先輩も何食わぬ顔で、「契約を取ったのは俺だから」と言ってきました。

タイトルとURLをコピーしました