職場で嘘つき呼ばわりしてくるパワハラ上司がムカつく!

嘘つき呼ばわり職場のトラブル
この記事は約4分で読めます。

英語が話せるならうちの部署にきませんか」と誘われたのがパワハラ上司Aとの出会い。業務の内容に惹かれ、今までの部署とは全くの畑違いの部署へ異動しました。

英語のスキルを上げつつ、数年間業務経験を積んだ後、海外の支社に期間限定で出向することになりました。

パワハラ上司Aからは「いつでもどんなときでもサポートするから、不安にならずに行ってもらいたい」と言われ、上司Aに言われるままにバタバタと準備をし、海外支社に飛び立ったのです。

海外支所に行ったものの、思うような成果は残せませんでした。海外支所の社長Bはリタイアメント直前の高齢者。さらに痴呆が入っており、「忘れていた」と予定していたミーティングの予定を何度もすっぽかされ、今からお願いしますと言うと「これから出かける予定がある」などと初日からはぐらかされる始末。

ミーティングをすれば「○○さんの業務のことはわからないから、よしなにやっておいてくれ」と言われ続けました。パワハラ上司Aにメールで相談もしましたが、自分のことで忙しいのか返信やサポートは全くありませんでした。

⇒職場のパワハラ上司を撃退・予防できる弁護士保険とは?

任期が終わって帰国したのち、海外の顧客とのミーティングの機会があり、会社の経費で食事会を主催しました。顧客が帰った後の静かな飲食店内で、パワハラ上司Aは急変しました。

真っ赤な顔をしながら「おまえは嘘つきだ」と言いながら机を叩き、飲み物のグラスを破壊。日本酒やワインなど、かなりの酒が入っている状態でしたが、何のことかと尋ねても、返答は全く見当違いの人格否定ばかり。

嘘つき」「信用に値しない」「給与泥棒だ」などの、暴言に耐えられず黙っていると、同席していたパワハラ上司Aの上役から「かなり酒を飲んだみたいだから、もう帰って良いよ。私が話を聞いておくから」といわれ、私を逃がしてくれました。

後日「昨日は申し訳なかった」とパワハラ上司Aからは謝罪されましたが、叱責を受けた理由は全く身に覚えがないものばかりでした。決定的なことは、赴任先の社長Bの言うことと私の言うことが違っていたため、私の方が「嘘つき呼わばり」されたということです。

ミーティングの相談など一言もなかった」「仕事をしているのかわからない」「客人との打ち合わせで訳のわからないことを言った」「全く業務の準備をせずに渡航してきて、遊びに来たとしか思えない」など、どれも濡れ衣です。

⇒職場のパワハラ上司を撃退・予防できる弁護士保険とは?

業務準備についてはパワハラ上司Aに言われるままにすべて準備・確認し、上司A自身が「これでOK」と合格を出したものなので、何か社長Bに反論しても良いようなものですが、すべて「準備不足は私の責任」と言うことになっていました。

しかし身に覚えがないといい説明しても、パワハラ上司Aは社長Bの言うことを信じて、私の方がしらばくれているのだろうと言います。何度話しても堂々巡りとなり、パワハラ上司Aに理解してもらおうとするのは諦めました。

ただ、まだ若かったこともあり、このとき退職が頭をよぎっていました。

実は社長Bは被害妄想が激しい性格で、しかも忘れっぽく、診断は降りていないが年齢から言って痴呆が入っていると裏話では有名でした。しかし、人と浅くしか付き合えないパワハラ上司Aの耳には届いていないのでしょう。社長Bの言うことは100%正しいと思い込んでいるようで取り付く島もありませんでした。

さらには度々個室に呼び出され、過去に所属していた部署での「私の失敗談」を持ち出し「だからあなたは会社の問題児だ」と、私を問題児扱いしてくるのです。

この失敗談も、小さな失敗談を前上司が話を面白おかしく膨らませただけ(前上司はのりで生きているような感じの人で、ただ話が面白ければ良いのです。)で、事実とは異なる部分が多く、こんな話を真剣に持ち出してくるのか、これが上司なのかと情けなくなりました。

⇒職場のパワハラ上司を撃退・予防できる弁護士保険とは?

その後、パワハラ上司Aは私を無視しはじめました。直接話をしなくて良いのは良いのですが、その分の業務負担が、パワハラ上司Aと私をつなぐ係長Mに負担がかかり始めました。

以前パワハラ上司Aのパワハラで体調を崩しつつも、なんとか持ちこたえている係長Mですが「最近の上司Aは以前にも増してひどい」と言います。

さらに私自身も朝起きられない、熱が出るなどの体調不良に悩まされました。これまで経験しなかった「化粧をすれば肌に湿疹」「生理周期の乱れ」などの、身体が出社を拒否している様な症状も出始めました。

その後パワハラ上司Aは「希望の部署に飛ばして差し上げますよ」といったメールで脅しをかけ始めたため、メールを保存し退職の準備に入りました。労働管理局にも相談を入れようと思いましたが、田舎の小さな町なので、相談内容は秘密といえども、必ず誰かの耳に入ると思い、やめました。

⇒職場のパワハラ上司を撃退・予防できる弁護士保険とは?

タイトルとURLをコピーしました