会社のいじめで精神病に追い込まれた実話

会社のいじめ職場のトラブル
この記事は約3分で読めます。

今から考えると、私の会社のトップクラスは人間的にも器の小さい人間達だったと思います。しかし、若い頃の自分は会社トップは「偉い人」と思っていたため、この状況を招いたことなのでしょう。

次に挙げるのは、自分が通った苦難の道、恨んでも恨み切れない会社への思いです。

⇒会社のいじめの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

私が会社のいじめで精神病に追い込まれるまでの経緯

私の所属している会社は大手の建築系の企業です。私はそこに30年ほど前に就職しました。当時はバブル終盤で、企業はヒットを飛ばそうと躍起になり、それでも業績不振に落ちる状況だったと記憶しています。

さて、就職した私は入社2年目で、やっと仕事に慣れた頃。しかし、まだまだ社会の仕組みを理解していませんでした。

そんな時でした。私に新規事業の子会社への異動が決まったのです。異動先は新商品の開発部門で、自分の設計を製品に活かせる部門でした。

私はその異動を結構嬉しく感じました。と言うのも、学生の頃に培った技術が、その新規事業に活かせると思ったからです。

⇒会社のいじめの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

「業績不振は全部お前の責任」という会社側からのいじめ

さて、異動した私は自分なりにかも知れませんが心血を注いで仕事に臨みました。と言うのも、私は若すぎたこともあり、「努力ですべてをカバーしなければならない」などと考えていたからです。残業が続いても頑張り、より良い商品を創り出そうと情熱を傾けていました。

そして、その努力が実り、ヒット商品を狙える物が出来上がったのです。

…しかし、その商品は不思議と思う様な売り上げを上げませんでした。

そして、その様な事態は続きました。自分の創った商品は会社から認められて市場に投入したにも関わらず、思う様な成績が連続で上げられなかったのです。

そして、会社側の各部門は私に「お前のせいだ」と言い始めたのです。

更に、それは長い期間続きました。出すもの全部の至らない部分に対して「お前のせいだ」と言って来たものでした。

⇒会社のいじめの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

会社のいじめで精神病発症

そんな中、自分に「ある異変」が起きました。

テレビを見ることが出来なくなり、本が読めなくなったのです。

それまでの私は、夜に帰宅してテレビを見ながら夕食を取っていたものでした。また、通勤電車や昼休みには読書を楽しんでいたものでした。…それらが全部出来なくなってしまったのです。

そして、それまでに興味があった他の物に対しても消極的になってしまいました。私はそれでも会社には行きました。

しかし、会社では相変わらず「お前が悪い」の攻撃が続きます。私の心は、それにより、最後に壊れてしまいました。…これが自分の「鬱病」の発症の経緯です。

⇒会社のいじめの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

会社のいじめにより休職

さて、その様にして、私は精神科に通いながら会社に行くことになりました。

タイトルとURLをコピーしました