出産前に離婚。原因はモラハラ束縛DV夫の束縛

モラハラDV夫が原因で出産前に離婚男女のトラブル
この記事は約4分で読めます。

最近よく耳にする「モラハラ夫」や「DV」ですが、そもそも「モラハラ」・「束縛」・「DV」とはなんなのか皆さんご存知でしょうか?

モラハラとは、「モラルハラスメント」の略で身体的な暴力ではなく、言葉や態度といった精神的苦痛を相手に与える行為の事です。

そしてDVとは、「ドメスティックバイオレンス」の略でモラハラとは違い夫婦間やパートナー間の家庭内での暴力の事です。

そして、これらの行為を妻へ対して行う夫のことをモラハラ夫・DV夫と言います。

今からお話しするのは私が実際に旦那から受けた体験談になります。

⇒離婚トラブル・養育費トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

モラハラ束縛DV夫化したアメリカ人の元旦那

23歳だった私は、バーで知り合ったアメリカ人男性に一目惚れしました。そう、その男性こそが将来の旦那=モラハラ束縛夫になる人です。

旦那に出会う2年前に海外留学から帰ってきた私は、外国人とお付き合いしたり、結婚するのに憧れていました。

ちょうどそのタイミングでの彼との出会いに舞い上がっていた私は、彼の性格をほとんど知らないままお付き合いをスタートさせ、すぐに同棲しました。

付き合いたての頃は、自分のことよりも私のことを考えてくれる彼。何よりも私を優先にしてくれる彼でした。

⇒離婚トラブル・養育費トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

ところが付き合って2か月くらいたったある日、私が仕事から帰ってくると「どこ行ってたの?なんで10分も遅れて帰ってくるの?」と少し怒ったような口調で彼が聞いてきました。

え、時間ぴったりには帰ってこれないよ。少しくらい忙しい日もあるよ。」と私が言うと、彼は私のシフト表を確認したり、鞄の中に仕事のユニフォームが入ってるか調べ出しました。

その日から、私がメールを打っていると隣から携帯を覗いてきたり、「ケータイのパスワードを俺にも共有して欲しい」と言ってきたりと彼の束縛は次第にエスカレートして行き、私が友人から誘いがある度に「22時までには帰ってこい。」「俺が連絡したらすぐに帰ってこい。」「バーには行くな。」「何処にいるのか写真を撮ってくれ。」と言われるようになりました。

私は、もう耐えられなくなり別れを切り出しました。

すると、彼は発狂して私が大切にしていたぬいぐるみを引きちぎり、本をゴミ箱に投げ捨て、私の私物を全部袋にまとめて「今すぐ出て行け!」と怒鳴りました。

それから私達は別れることになりましたが、数日後彼から連絡が来て「申し訳ないことをした。謝りたい。俺はバカだった。許して欲しい。」と言われました。

当時の私はまだ彼が好きと言う気持ちが強くて、もう一回やり直してみようと思い、すんなり彼を許してしまいました。

⇒離婚トラブル・養育費トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

 

モラハラ束縛DV夫の特徴

今思えば、これこそよく言われるモラハラ束縛夫の特徴的な行動だと思います。

  • パートナー、パートナーの家族、友人に対して馬鹿にするようなことを言う。
  • 嫉妬や依存、束縛が激しい。
  • 大声で怒鳴る。
  • 大切な物を人質に脅す。

全て当てはまります。

⇒離婚トラブル・養育費トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

ちょっとした言葉がキッカケで、急にモラハラ束縛DV夫に暴力を振るわれた

それからしばらくして、私は妊娠していることに気づき彼も初めての自分の子にとても喜んでくれました。

しかし、妊娠6か月の時のことです。彼が朝6時に飲み会から帰宅してきました。

そこで私は「なんで私は友達と遊ぶ時に門限があるのに、あなたは自由なの?」と尋ねると、酔っていた彼はその一言に激怒したのです。

そう、彼はお酒を飲むと人が変わる男だったのです。

うるさい!出て行きたければ出て行け!」と呂律も回っていない状態で怒鳴ってきたのです。

また喧嘩になるよりは実家に帰ろう。私はそう思い、荷物をまとめて家を出ようとしました。すると彼は、玄関を出た私を追いかけてきて髪を掴んでこう言いました。「おいビッチ!来い!中に入れ!」

私の髪を掴んだまま引っ張り、そのまま私を家の中へ引っ張り戻したのです。

そのまま私は彼に2、3回往復ビンタをされ、そしてベッドに押し倒され、枕で何度も何度も叩かれました。

彼は私に馬乗りになり「You are fucking trash (お前はゴミだ)」その言葉を何度も私に言ってきました。

このままだと殺される。そう思った私は、警察に110番通報して助けを求めました。

5分もしない間に私達の家に警察が10名程到着し、彼はそのまま事情聴取の為警察署に連行され、私はその場で何があったのか細かく聞かれました。

タイトルとURLをコピーしました