DV相談したのに泣き寝入りすることになった話

DV相談で後悔したこと男女のトラブル
この記事は約3分で読めます。

⇒DVを撃退・予防できる弁護士保険とは?



元夫…最初はいい人だと思ったのに…

私の体験談をお話しします。当時24歳だった私は電撃的な出会いをしました。

キャバクラでアルバイトをしていたのですが、フリーで入ってきた3人組。その中に後に私の夫となる彼がいました。

隣に座ったものの、特別話が盛り上がるわけでもなく「俺はいいからコイツと話してやって」と言われてしまいモヤモヤとした気持ちを抱えながら接客していました。

不意にアニメの話になり、彼との会話がはずみました。

先ほどまでの気まずい空気が嘘のように楽しい時間が訪れます。すっかり意気投合した私たちは連絡先を交換し、食事に行くことに。

お酒を飲むのが好きだった私に合わせて居酒屋デートが多かったのですが、彼は飲まずにきちんと家まで車で送ってくれていました。そこから同棲するまで、時間はそうかかりませんでした。

⇒DVを撃退・予防できる弁護士保険とは?



元夫のDVの始まり

仕事とアルバイトを辞め、お互いの両親に結婚の挨拶をし、いよいよ入籍!
と言うときに彼の態度が激変しました。

今まで応援してくれていた習い事にも、仕事に行くことにも小言を言うようになったのです。

お前が出かけていたら俺の飯は誰が作るんだ
お前はダメなやつなんだから俺の言うことを聞いてればいい
俺が決めたことに文句を言われるのが一番ムカつく!

今思えばモラハラですよね。最初は自分の意見を伝えていたものの、ずっとこんな調子です。

感情的になって言い返したそのとき腹部に激痛が走り、私はその場にうずくまりました。これがDVだと理解するのに時間はかかりませんでした。

⇒DVを撃退・予防できる弁護士保険とは?

それからは私が反論すると殴られ、態度が気に入らないと蹴られ、顔を見ているとムカつくと突き飛ばされる生活。

暴力をふるった後には謝ってくる彼。

ここで許さなかったらまたDV…そんな恐怖から、彼を許し続けてしまいます。
そして入籍。この頃には完全に抵抗する気力がなくなっていました。

結婚式まであと一ヶ月だというのにいつものように突き飛ばされ鎖骨を骨折しました。
そのとき彼は笑っていました。私の鎖骨はもうくっつかないというのに。

落ち着いた頃に泣きながら謝ってくる彼。いつものように許す私。

DVへの恐怖心というより洗脳されていたという感覚に近かったのだと思います。

⇒DVを撃退・予防できる弁護士保険とは?



ちょっとしたキッカケでDVに立ち向かう勇気を得ることになった

心を徐々に病んでいった私は、どんどんやつれていきました。

両親に心配をかけたくない一心で実家とも距離をおき、あざだらけの体と顔を見られるのがいやで引きこもりました。

現金を一切持たせてもらえず、何もできない生活に慣れ始めた頃、突然怒鳴られます。

いつになったら仕事するんだ!

彼が仕事に行くなっていうから辞めたのに…と思いながらも声には出さず、DVされないように何とかやり過ごします。

仕事はすぐに見つかりました。

同じ部署の先輩方も、気さくな方ばかりですぐに馴染めました。接客業だったこともあり人と関わるというちょっとしたキッカケでみるみる本来の元気を取り戻しました。

ですが、DVが解決したわけではありません。こんなこと誰にも相談できません。

⇒DVを撃退・予防できる弁護士保険とは?

ただ、仕事を始め、再び人との関わりを築いたことでもう一度立ち上がる勇気が湧いてきました。