DV夫に浮気されたので完全に縁を切った話

DV夫に浮気された男女のトラブル
この記事は約3分で読めます。

⇒DV・浮気を撃退・予防できる弁護士保険とは?

人生において一大イベントである「結婚」。好きな人と家族になるのはとても幸せなことですよね。

しかしその一方、元々は他人同士が一緒に暮らすのですから悩みも増えるのではないでしょうか。

日本では3組に1組が離婚していると言われています。

その大半は性格の不一致が原因だそうですが、他にもDV(ドメスティック・バイオレンス)や浮気、飲酒や金銭のトラブルなど原因は様々です。

中でもDVは年々増加傾向にあり、新型コロナウイルスの影響で家にいることが多くなった昨今、急激に増加しています。

DVとは暴力や精神的虐待を受けることですが、被害者の9割が女性だそうです。

今回は、DV夫と結婚し浮気されてしまった私の体験談をお話ししたいと思います。

⇒DV・浮気を撃退・予防できる弁護士保険とは?



DV夫であることが発覚、そして離婚へ

私は当時、6年間交際していた彼と入籍しました。彼は私より1歳年上で、容姿は俗に言う「イケメン」。少し気は強いけれど休日はいつも一緒にいてくれる彼のことが大好きで、義両親も優しくしてくれていたので、これから続いていくであろう幸せな結婚生活に期待が膨らむばかりでした。

しかしその期待は早々に打ち砕かれたのです。

初めて彼が私に手を上げたのは、入籍して3ヶ月の頃でした。些細なことから口喧嘩になり、少し生意気なことを言った私の肩を突き飛ばすように押しました。

その時はDVを受けたという感覚もなく、仲直りした後は特に気にしていませんでした。

数週間後、同じような口喧嘩となった際に今度は頬を平手打ちされました。然程強く叩かれてはいませんが、それからというもの、手を上げる頻度が増していったのです。

⇒DV・浮気を撃退・予防できる弁護士保険とは?



DV夫の特徴

  • 外面が良い(周囲からの評判は良い)
  • 支配欲が強い
  • 束縛が激しい(執着する)
  • 平気で嘘をつく
  • 暴力をふるった後、優しくなる
  • 日に日にエスカレートする

入籍して1年が経とうとする頃、ついに離婚を決心する出来事が起きました。

その日彼は趣味であるパチスロに行き、大負けして不機嫌そうに帰宅。渡したばかりの小遣いを使い果たし、追加で小遣いが欲しいと言ってきました。

月の小遣いは決まっているので断ったところ、DV夫は逆上して私を突き飛ばしたのです。更には髪を掴んで罵声を浴びせ、最後には近くにあったフローリングワイパーを手にとり振りかざしてきました。

身の危険感じた私は泣いて謝り、なんとかDV夫の怒りを鎮めることに成功。翌日、DV夫が仕事へ行くのを見送った後、猛スピードで荷造りして置き手紙を残し実家へ逃げ帰りました。

帰宅後に私が居ないことがわかると、怒り狂ったDV夫は電話をしてきて物凄い勢いで罵声を浴びせました。しかし側にいた私の父に一喝されて冷静になり、最終的には離婚を承諾。