婚約者の浮気で婚約破棄。アラサー・彼氏なし・無職の不名誉な称号だけが残った

彼氏の浮気で婚約破棄男女のトラブル
この記事は約4分で読めます。

長年付き合った彼とようやく婚約!女性なら誰でも自分が世界で一番幸せだと実感している時ですよね。私も29歳で7年の交際を経た彼と婚約した時は嬉しい気持ちでいっぱいでした。

しかし、明るい未来に向かって進んでいると思い込んでいたら、予想もしない落とし穴が……。

婚約者が浮気をし、婚約破棄をされてしまったのです。

⇒婚約破棄トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

彼と婚約。ようやく掴んだ幸せ

29歳の時、私には7年間付き合っている彼がいました。4歳年下で頼りない部分や馬鹿で世間知らずなところもありましたが、それすら可愛らしく、明るくい性格で、いつも私を笑わせてくれていました。

当時、私は営業職での長い残業時間や休日出勤に疲れ果てていました。営業担当先が変わったこともあり、売り上げ規模の大きい案件を任されたことも大きな負担になっていました。精神的にも肉体的にもその仕事を続けていくことは無理だと感じていたのです。

⇒婚約破棄トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

友人達は続々と結婚していくし、出産の事も考えると私もそろそろ結婚したい、と強く思うようになり、こんな仕事は辞めて彼との結婚という新しい生活に一歩踏み出したいと考えるようになりました。

我慢の限界に達したある日、私は泣きながら彼に自分の思いを告げました。

今の仕事が本当に辛くて辞めたい事、あなたと結婚して家庭を築いていきたいという事。そう、大胆にも逆プロポーズです。もう彼から結婚しようと言ってくれるのを待つ余裕は私にはありませんでした。

彼は微笑みながら、「いいよ、結婚しよう。今の仕事も辞めていいよ。」と優しく言ってくれました。月並みですが、天にも昇る気持ちでした。ああ、やっと私も幸せになれるのだ。彼と一緒に笑顔の絶えない家庭を作っていけるのだ。私はそう確信していました。

⇒婚約破棄トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

すれ違いの日々、もしかして浮気している?

彼と結婚の約束をしたことで有頂天になっていた私は、すぐに会社の上司に結婚する事を報告し、次の就職先を決める事無く退職してしまいました。今になって思うと、これが大きな間違いでした。

彼と結婚するとはいえ、彼の月給は少なく、共働きでないと生活が成り立ちません。営業職には懲りたので、長く続けられそうな事務職に就くべく、就職活動を始めました。しかし、事務職の経験が無く、年齢もアラサー。簡単に正社員として就職出来る筈がありません。

そこで、自分のスキルを磨くべくハローワークの職業訓練でパソコンの勉強をし、並行して資格取得の為に予備校に通うことにしました。それが彼の浮気と婚約破棄という結果を生み出すとはその時は知らずに。

⇒婚約破棄トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

彼の仕事はシフト制だったので休日も不規則で、就職の為に勉強をしている私と会う時間は少しずつ減っていきました。やっと会えても次の約束をしようとすると、先輩に誘われている、友達と会う予定がある等、断られることもだんだん増えていきました。今まではデートの別れ際に必ず次に会う約束をしていたのに。

そんな状況でも、彼が浮気をしているなんて微塵も思っていませんでした。何しろ交際7年です。こちらが何度か別れを切り出しても、泣きながら「嫌だ、絶対に別れない。あなたじゃなきゃダメなんだ」と言っていた彼。私は完全に慢心していたのです。彼が私を手放すはずがないと。

かっこいい私の事が好きだと言ってくれた彼が私以外の女性を好きになる事も浮気をする事も決して無いと。デート中に私がふざけて「携帯見せてー」と勝手に携帯電話を見ると、女の子からのメールがあったので「浮気して無いでしょうね?」ときいた時も、「ただの後輩だよー」と言われれば、ああ、そうなのか、と納得してしまう程、彼の事を信じ切っていたのです。

⇒婚約破棄トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

突然の婚約破棄!しかもメール一本で……

結婚の約束からわずか4か月で私の幸せな時間はいとも簡単に消え去ってしまいました。
本当にあっけないものでした。

ある日、一本のメールが彼から私に届きました。
好きな人が出来た。もう今までの関係ではいられない……

わずか2行。誠実さの欠片も感じさせないものでした。

⇒婚約破棄トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

呆然としました。やっぱり浮気していたのだと、その時やっと気づきました。

あの時のメールの女の子に違いありません。確か20歳だと言っていました。アラサーの私にはない若さに溢れていることでしょう。相手が若いというだけでも私を打ちのめすには十分でした。

タイトルとURLをコピーしました