露出狂の男を突き止めて新聞に載せてやった

露出狂の男男女のトラブル
この記事は約2分で読めます。

皆さんは、「出会い系アプリ」を利用したことがありますか?ネットが普及した今、出会い系アプリは徐々に一般化してきています。そのため、「出会い系アプリで彼女ができた」「出会い系アプリで知り合い結婚した」というような方も増えています。

そもそも出会い系アプリは、性格や趣味等を入力し、コンピューターによって相性の良い方を導いてくれます。そのため、手取り早く出会えるということもあり、非常に人気を高めています。

しかし、多くの方が利用するからこそ、トラブルも絶えません。今回は、僕の女性の友人が出会い系アプリで体験した「露出狂の男」についてご紹介します。

⇒露出狂を撃退・予防できる弁護士保険とは?

出会い系アプリで知り合った男は露出狂だった

僕の友人は、どこにでもいる普通の女子大生です。大学では、出会い系アプリが流行っており、友人も大学の友人に勧められて、出会い系アプリに登録したそうです。必要事項を入力し、顔写真を設定するとすぐに男性とマッチングしました。(お互いが「いいね」を押すことでやりとりできるようになることを「マッチング」と言います)

しばらくやりとりしていると、「今度会わない?」とメッセージが届いたそうです。しかし、僕の友人は彼氏を求めて出会い系アプリに登録したわけではなかったため、断ったそうです。

少し申し訳ないような気持ちでいると、次に送られてきたのが男性の陰部や裸でポーズを取っている写真だったそうです。急に送られてきたため、すぐにブロックしたそうですが、記憶からは消せません。

僕の友人は、一時的なものとは言え被害を受けたことには変わりないため、特定して注意しようと考えたそうです。

⇒露出狂を撃退・予防できる弁護士保険とは?

露出狂の男を特定したら自衛官だった

そして、露出狂の男性のプロフィールから名前や生年月日、居住地、職業など様々な情報の入手に成功したそうです。さらに、SNSのアカウントまで発見したそうなので、ほぼ全ての個人情報が集まり、特定できたと言っていました。

露出狂男性のプロフィールの職業欄には、「公務員」と書いてありましたが、写真やメッセージの内容から「自衛官」だということが判明し、男性が働いている職場まで特定することができました。

こうなってしまうと、露出狂の男性に逃げ道はありません。自衛官の画像や陰部の画像、ポーズを取っている画像まで残っているため、証拠は十分すぎるほどです。ちなみに、写真が送られてきて以降はすぐにブロックしてしまったため、連絡は取り合っていなかったそうです。

⇒露出狂を撃退・予防できる弁護士保険とは?

タイトルとURLをコピーしました