FX自動売買詐欺で40万円失った被害者の声

FX自動売買の詐欺お金のトラブル
この記事は約3分で読めます。

これから絶対取引してはいけないFX自動売買システムトレードツールを紹介します。

FXとの出会いと、FX自動売買システムトレードツール詐欺の勧誘

昨年、新型コロナ感染症による会社倒産や収入減少が急増の中、私も収入確保のため、これから有望な副業としてFX投資を始めました。

ネット広告経由でFX投資のセミナーに参加後、初期投資5万円・返金保証付き・年間40万円のFX投資スクールに勧誘されました。

結局そこまで資金の余裕なく、ネットやテキストブックで最低限の知識を身に付け、国内証券会社のデモ取引で1か月練習後、FX取引を5万円から始めました。

しかし当然ながら素人がすぐに上手くいくはずがなく。為替の値動きは私の思う方向とは逆の方向へ動き大損しました。

そこで自分でやるより高収益の出るFX自動売買システムトレードツールを探した方が、時間と手間をかけず稼げるのではと考えたのです。

YouTubeやTikTokでよく見るレバレッジ(取引通貨単位の数百倍の資金で取引できる仕組み)の効く「M●4」という優れたFX自動売買システムトレードツールを知り、それを扱う国内ディーラーを探しました。

不労収入で資産形成できるという謳い文句を掲げていた「マ●コ●」という運営事務局に、情報料1万円を支払い取引を開始します。forexやヒロセ通商にしとけばよかったかな・・・

⇒自動売買ツール詐欺の撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

私を勧誘し騙した海外FX証券会社と運営会社

海外FX会社は日本FX会社に比べ、レバレッジが大きくハイリスク・ハイリターンです。

そんな中、M●4を使ったディーラーはどこもえげつなく儲かっているとか。それに魅力を感じて一獲千金を目論んだのがバカでした。

日本の運営会社と思って契約した会社が実は海外の詐欺会社だったのです。

海外の詐欺会社はパナマ籍の「VF」という証券会社(金融庁への無届で警告が出ていた会社)。

その会社へ斡旋する日本の運営会社WTL社があり、WTL社にカモを勧誘するのがマ●コ●という運営事務局でした。

住所も連絡先もWEB上に記載なし。

メール問い合わせか、マ●コ●運営事務局の電話窓口のみ開設されていました。

⇒自動売買ツール詐欺の撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

騙されてると知らず口座を開き、30万円の資金を投入

委託契約書はWTL社より英文でメール送付されました。

VF社の口座開設とシステムのインストール、稼働はマ●コ●運営事務局の担当者の指示通りに行い、いよいよ資金投入です。

PFという決済代行サービス会社経由で、クレジットカードで30万円を入金しました。

システムのアプリをインストール後、資金残高が表示されシステム稼働すると、取引画面では通貨がEUR/GBP(ユーロポンド)の設定のみ表示されていました。

取引は日本時間の21時~2時くらいに行われます。

システム上には日々の取引結果と残高(有効証拠金)のみが表示されます。

取引開始後、最初の1週間ほどでなんと20%の収益です(残高36万円)。

やはりこれは本物とさらに20万円追加投資です(合計資金50万円)。

タイトルとURLをコピーしました