FX自動売買詐欺で40万円失った被害者の声

FX自動売買の詐欺お金のトラブル
この記事は約4分で読めます。

ここで気になったのが、普通は取引画面に買値と売値が表示されるはずですが、M●4には収支結果のみしか表示されず、買値と売値の表示がありませんでした。

しかし、ほぼプラス収支の取引しかしていなかったので、気にせず放置していました。

その後わずか2か月でなんと60%の収益が出たのです(残高80万円超え)。

このままなら1年後には130万円くらいか?期待大!

これがのちに地獄への道となります。

⇒自動売買ツール詐欺を撃退・予防できる弁護士保険とは?



なぜか出金させてもらえない

スタートしてから残高が40万円になった時点で、増えた利息から8万円を下そうと、マ●コ●運営事務局の担当者へ相談すると「自動売買は資金全体で回しているので、資金の1割以下しか許可できません」と言われました。

なるほどそうなのかと、4万円だけしぶしぶ下ろしました。

さらに2か月後、残高が86万円になった時点で1割以下の8万円を下ろしたい旨を担当者へ伝えると「返金はダメと言っているでしょ、それならシステムを止めて解約して下さい。ただし、システムを止めたらその時点でも複数所有のポジションを全決済するので、含み損も入れて7割-8割くらいは元本割れします」と逆切れされたのです。

(*ポジションとはシステム停止時点での売値と買値の価格)

ちょっと待て、プラスポジションになる可能性もあるのに、なんで7割くらいは元本割れするってわかるのか?

それ以降、忙しいから電話してくるなとひどい対応を受けました。

「大事な大金をあなたに預けているのだからちゃんと対応しろ」と言うと、私の言う事を聞かないと後でひどい目に遭いますよと。

「もういいからシステム停止するように」と指示すると…

その翌日に「860,000円⇒290,000円」まで元本割れ。

やはり奴の言う通りになったか。

それでもまだ下ろした4万円と合わせて330,000円残れば66%の元本返金率で終われば…

ところが甘かった。さらに恐ろしい結末が…

その翌日さらに「290,000円⇒なんと残高54,000円(元本90%マイナス)」にまで落ちたのです。

⇒自動売買ツール詐欺を撃退・予防できる弁護士保険とは?



  • たかが毎日5,000円前後の収益でここまでのレバレッジはない。
  • この期間の為替相場はマイナス変動していない。
  • 売り買い単価の表示がなく、取引明細が不明(他社のM●4は表示あり)⇒WTL社へ問い合わせると、そのようなシステムでこちらは操作不可能と回答。
  • マ●コ●運営事務局はほぼ詐欺⇒斡旋するだけの無責任。
  • 海外送金先と入金元も決済代行会社が隠蔽⇒本国(海外)では取引されず、実は裏で結託したグループ会社詐欺の可能性。
  • 警察と消費者センター曰はく、実取引相手が名目上でも海外会社で国内法での訴訟及び詐欺立証は困難とのこと(SNSでも同じ手口で被害者多数)

入会後の説明で、このM●4ライセンスは1年間無料。しかし、2年目更新時には50万円を支払わないと自動解約となる条件でした。

入会時には更新しない予定でしたが、結局更新料以上の金額を失います(まだ傷口が小さいうちで良かったのがせめてもの救い)。

*他のトレード会社のM●4は収益を出して常時出金できます。

⇒自動売買ツール詐欺を撃退・予防できる弁護士保険とは?



まとめ|海外FX会社を選択する前にすべきこと

  • 国内証券会社と比べ海外FX会社はハイリスク・ハイリターン
  • 金融庁登録、信託保全のある会社を選ぶ
  • 事前に会社調査や評判(さくら・ダミー多い)をチェックする
  • 取引相手の身元所在を明確化する(訴訟対策)
  • 契約書の有無、問合せ窓口を確認する
  • 返金・解約についての制約有無を確認する

⇒自動売買ツール詐欺を撃退・予防できる弁護士保険とは?