大家の嫌がらせで強制退去させられた私の友人

大家の嫌がらせ人間関係のトラブル
この記事は約3分で読めます。
半沢君の弁護士保険窓口

都市部で暮らしていた私の友人。家族の事情により、地方の実家近くで家探しを始めました。彼女が家を決めるときの条件は、家賃や部屋の広さではなく、実家に近いこと。

家探しは難航するかに見えたのですが、拍子抜けするほどあっさり決まりました。

とにかく、実家に近いことが第一条件だったので(新築物件であることや部屋の間取り、家賃などにこだわらない)簡単に物件が決まった時には、本人だけでなく周囲の人たちも手放しで喜びました。

その物件というのが、彼女の実家の隣にある賃貸物件。広めの敷地に、大家となる高齢女性の住む家と、築35年以上の2DKの一軒家があり、この2DKの家を借家として貸し出していました。

彼女の前にも、何人かの方が借りていたようですが、賃貸物件にしていたはずなのに、手入れがされていないことが友人として気がかりでした。

そんなことよりも、実家に近いという条件をクリアしたこと、大家の方から破格の家賃を提示されたことで、入居することを決めました。

⇒大家の嫌がらせを撃退・予防できる弁護士保険とは?

大家の嫌がらせが少しずつ始まる

引っ越しの当日、荷物も運び入れ、ホッと一息ついていたところ、庭に繋がる木製のデッキの脚部分が腐食し、グラついていたので大家に伝えると、驚きの声が!

グラついているんだったら、石を入れて高さを調節すればいいのよ。」といわれ、一同呆然としていると、どこからか石を持ってきて、デッキの脚にはめ込みました。

あっという間の出来事で呆れるばかりでしたが、たまたまだろうなぐらいにみんな思っていました。

それから数か月は、何事もなく穏やかな日が過ぎていったのですが、「家を借りたいと色々な人が言ってくるから、親戚がお金を出してリフォームしたらって、いうのよね。」なんて、大家が言い出しました。

友人は聞き流していましたが、ある日突然「実家が隣にあるあなたが、家を借りるなんておかしいって、近所の人たちが言っているから、今日明日にでも、出て行って欲しいの」と言われたそうです。

あまりのことにびっくりしたようですが、すぐに引っ越せるわけではないので、「家賃を値上げしていただいて構わないので、もう少し住まわせてはいただけませんか」と頼み込みました。

元々の家賃が10,000円と破格だったこともあり、15.000円アップの25,000円で借りることになりました。

友人は家賃が安かったことを気にして、腐食していた玄関の柱・庭のデッキの修理、サッシの入れ替え・広大な敷地の手入れ費用など、100万円ほど出費したようです。

友人としては腹立たしかったのですが、「これ以上、実家に近い物件は見つけられないから」という彼女の言葉に、黙っているしかありませんでした。

留守中に誰かが出入りした形跡が…

友人はフリーのライターとして家で仕事をしていましたが、日中は実家に戻り家族の世話をすることが日課となっていました。ところが、ある日を境に、家へ戻ると人の気配を感じるようになったというようになりました。

良く分からなかったので詳しく聞いてみると、いつも定位置にあったものが移動していたり、あると思っていた物がなくなっていたり、この部屋に誰かが入っているような気がするということでした。

田舎なので、玄関は施錠していたようですが、庭へ繋がるデッキ横のサッシは、空気の入れ替えのために開けっ放しにしていたようです。

開けていたということもありますが、一度気になりだしたら止まらなくなり、借家には着替えや洗濯の時だけ戻るようになりました。

本格的に始まった大家の嫌がらせ

実家に止まっていることに気が付いた大家は「庭に物置を立てて、住めばいいのよ」、「すぐに出て行って欲しいのだけど」と再び言い出すようになりました。

タイトルとURLをコピーしました