離職率が高い職場で隠蔽され続けるセクハラとパワハラ

離職率が高い職場のトラブル
この記事は約3分で読めます。
半沢君の弁護士保険窓口

昔も今も慌ただしく時間が過ぎる日本。外国からみた日本は仕事人間と言われるほど、毎日仕事に追われています。

そのような状況の日本ですが、数年前から就職後3年後の離職率が高いと話題になりました。

昔に比べて色々なことに対して耐えられる人が減ったと言われる世の中ではありますが、いい捉え方をすると我慢し過ぎずに自分のことを守る人が増えたと捉えることができます。

相談をしても、会社が守ってくれないということも多くある世の中。どれだけ自分を守れるかということも大事になってきます。そんな内容を自分の体験談と共にお伝えします。

⇒セクハラ・パワハラを撃退・予防できる弁護士保険とは?

就職してから知った、どんどん人が辞めていく離職率の高い職場

日雇いアルバイトを数年していた私は、ちょうど人手不足だから社員にならないかとその会社に声をかけていただきとある店舗の社員になりました。そこでは、合わせて3人の社員と店長がいましたが2人が退職するということで引き継ぎをしていただき社員として入ることになりました。

最初はあまり気にならなかったのですが、その後入ったアルバイトが5人ほど早い人は1週間で辞めていきました。何故だろうと気になりだし、辞めると話した人全員がある人が苦手だ無理だという理由で辞めていきました。

どうやら話によれば、私が来る前も10人以上その人が理由で辞めた人がいたようでした。そのときまだわからなかった私は、厳しく指導して頂いていただけだと考えていました。

これはパワハラ?気づいたときには遅い場合も

しかし、数カ月経ってみると明らかに違うことに気づき始めました。

お客様の前では出来損ないと言われ、なにかあれば私のミスにするようになりました。それでも私はめげずに立ち向かいました。しかしよりエスカレートしてしまい、存在が邪魔だからごみが置いてあるところに1日いろと言われる始末。1日2人体制のお店ですが、他のお店の方に店番を頼み定期的にきちんとそこにいるか確認までするようになりました。

気づかないうちに体に支障が出ていた私は、ついに倒れてしまいました。しかし、その人は何を寝てるの?と言う始末。何度も何度も倒れましたが、その都度悔しくて立ち上がっていました。

あの頃は必死だったので気づきませんでしたが、倒れても起き上がり仕事をするとはとても考えられません。

ついに限界がきた私は、本社に伝えてもらえるよう店長に頼むことを決めました。しかし、返ってきた答えは予想外のものでした。

パワハラをしていても「仕事ができる人」は優先する会社

前々から店長に相談し、なんとか本人にも話してみるからと言っていた店長。話しても全く効果はなく、それどころか店長は常にその人の顔色を伺っていました。しかし、限界がきたと店長も感じたのか本社に伝えてくれました。

ただ、本社から返ってきた返事はまさかの答え。パワハラをしていることは前から知っているが、仕事が出来る人だから辞めさせることは出来ないとのことでした。

タイトルとURLをコピーしました