でっち上げられ無理やり加害者にさせられた話

でっち上げ人間関係のトラブル
この記事は約2分で読めます。

気楽に友達と交流できたり、見知らぬ人と知り合えたり。

SNSって、とても便利なものです。

有名なアーティストから返事があって感動したこともあります。

基本的には、SNSは「楽しくて素敵なもの」です。

しかし他者を攻撃するための武器としてSNSを使う人もいます。

「犯罪予告」「ストーカーまがいの行動」をしている人も見かけます。

汚い言葉で他人を攻撃しているアカウントを見かけるたび「腹が立っているだろうけれど、そこまでしなくても」と思ったものでした。

まさか自分が似たような被害に遭うなんて…。

これは、SNSで、ありもしないイジメをでっち上げられ、無理やり加害者にさせられた私の体験談です。

⇒でっち上げを名誉棄損で撃退・予防できる弁護士保険とは?

突然、SNSで「いじめられている」という話をでっち上げられた

実名で使っているSNSでの話です。リアルでの友達も多数いますが、SNSでつながった人も多いアカウントです。

実に平和な日々を送っていました。「ラーメンがおいしかった」「寝過ごした」など、他愛もない話ばかりで、周囲も似たようなものです。

そんなある日のこと、友達から「これを見て」とLINEでURLが届きました。

リンク先を見てみると、顔見知りの女の子が私の実名を出し「いじめられた」とでっち上げの作り話をしていたのです。

共通のフォロワーが100人以上いる状態で、実名で晒されていました。

全身の血が引くような衝撃を受けました。未だに、あの感覚は忘れられません。「なぜ?」「いじめ?」と混乱しました。

いじめなど、ありません。でっち上げです。

知りあってすぐにフォローされ、その後に何度かSNSでのやりとりはありました。ただし、その程度です。

⇒でっち上げを名誉棄損で撃退・予防できる弁護士保険とは?

もちろん世の中には、その程度の相手をいじめる人もいるでしょう。

しかし、私の件については「いじめなど存在しない」と断言できます。

会えば挨拶したり、話しかけられたら返事をしたり、という程度の相手なのに、いじめにあたる要素があるとは未だに思っていません。

タイトルとURLをコピーしました