「昔は休日も休まず出勤していた」という理由で休日出勤させようとするパワハラ上司

休日出勤を強要するパワハラ職場のトラブル
この記事は約3分で読めます。

⇒パワハラ上司を撃退・予防できる弁護士保険とは?

強い口調で怒鳴ることだけが「パワハラ」だと思っている上司は少なくありません。私は過去に10回の転職経験がありますが、それぞれの会社に勤務していた当時を振り返ってみても「パワハラ」という言葉の意味を勘違いしている上司が多かったな~と思います。

そのことを最も強く感じたのが、建築士事務所に勤務している時でした。これからお話しする内容は、休日出勤させようとするパワハラ上司がいた、建築士事務所での私の実体験です。

⇒パワハラ上司を撃退・予防できる弁護士保険とは?



「昔は休日も休まず出勤していた」が口ぐせのパワハラ上司

私が勤めていた建築士事務所は、おもに店舗設計をする会社で設計から積算・リフォーム・外注などの業務を行っていました。社員5名の小規模な建築士事務所ですが、仕事の量は多く忙しい毎日でした。

そこの社長の口ぐせが「昔は休日も休まず出勤していた」という言葉で、部下に何か頼みごとをするたびにその言葉を使っていました。

最初はやわらかい優しい口調で「M君ごめんだけどさー、ちょっと急ぎの仕事が入ったもんだから、この現場の積算をお願いできないかなぁ?」といった具合にお願いされます。無理じゃない限りは、「はい、わかりました」と答えるますが、忙しいときは「いやあ、ちょっと無理ですねー」と断ります。

⇒パワハラ上司を撃退・予防できる弁護士保険とは?

すると「いやあ、急ぎの仕事を終わらせないと給料払うの厳しんだよねー」と、社員がゾッとするような言葉を平気で言うのです。さすがに給料を貰えないのは厳しいので、頼まれた社員は「わかりました、やります」と言うしかありません。

そこで社長が「いやあ助かった、ありがとう」「忙しいとは思うけど、お願いします」と言ったあとに「昔は休日も休まず出勤していたなぁ」というお決まりの流れがやってきます。頼まれた仕事のほとんどは、面倒くさい内容で時間がかかるものが多く、残業はもちろんのこと、休日出勤しないと終わらせることができない仕事でした。

ここまでの話の流れだと「それはしょうがないのでは?」と思う方もいるかも知れません。しかし社長がいつも言う「急ぎの仕事」とは、自身の自由時間をつくるために作った嘘なのです。

社員にとって社長は、いつも「昔は休日も休まず出勤していた」という言葉を使って、部下を休日出勤をさせようとするパワハラ上司。強い口調で怒鳴らなくてもパワハラはパワハラです。

⇒パワハラ上司を撃退・予防できる弁護士保険とは?



休日出勤してパワハラ上司に褒められても休日出勤がなくならない

そんな職場環境の中で、私は「どうやったら休日出勤をなくせるだろうか?」と一生懸命考えました。いちばん良いのは、社長に仕事を頑張ってこなしてもらって「昔は休日も休まず出勤していた」というパワハラが少なくなることなのですが・・。すぐに改善するとは思えません。

しかし、このままでは退職者が増え続け会社が倒産してしまうと思ったので、私が社長から頼まれる仕事を全て引き受けて休日出勤すれば、他の社員が休日出勤しなくて良くなり、職場は改善するのではないかと考えました。

(当時私は離婚して独り身だったので、休みの日と言っても特に何もすることがなく、仕事をすることで落ち込んでいた気分を紛らわしたかった、というのが本音ですけど・・・)