友人が自殺に追い込まれた。ブラック企業に殺された私の友人

自殺に追い込まれた職場のトラブル
この記事は約3分で読めます。

人が一番ストレスを感じる瞬間というのは、人の死に直面した時という話があります。

先日、僕の小学生の頃からの友人が自殺しました。

真面目で、大人しい、いい友人でした。

これは彼がブラック企業に殺されてしまったお話です。

⇒大切な人を自殺に追い込んだ加害者を撃退する弁護士保険とは?

友人の異変

その彼と、久々に食事に行った時の事。

その日は「ちょっと相談したいことがある」と連絡があったことから決まった食事で、何か悩ん
でるのかな?くらいにしか思っていませんでした。

彼と合流した後、よく行くチェーンの居酒屋に行き、他愛もない話をしていました。

特に何か相談を切り出される様子もなく、飲みながら話をしていたのですが、どうにも彼の元気がないように感じました。

たまりかねた僕が「相談って何?」と問いかけると

ちょっと、仕事の事で悩んでたんだけど、久々に会って飲めたら、楽になったから大丈夫

と言われたので、特に言及することなく食事を続けました。

しかし彼は、本当は言いたいことがあるのに無理をしている。

そんな風に感じました。

⇒大切な人を自殺に追い込んだ加害者を撃退する弁護士保険とは?

けど、せっかく二人で集まっているし、しらけた空気にするのも嫌だったので、悩みの部分には
触れず、その場を楽しむことにしました。

彼も楽になったといっているし大丈夫だろうと、安直なことを考えていたのかもしれません。

2.3時間ほど飲み食いをして、店を出ました。

彼は「今日はわざわざありがとう、忙しいのにごめんな」というので

「全然大丈夫!楽しかったし!また飯行こうぜ~」

といって別れました。

相変わらず彼は、あまり元気な様子ではありませんでした。

駅のホームで、別れた時の彼の後ろ姿には、なにか思うものがありました。

⇒大切な人を自殺に追い込んだ加害者を撃退する弁護士保険とは?

友人が自殺した

あの食事から数日が経った頃、彼と職場が一緒の、共通の友人から連絡が来ました。

彼が自殺した、という連絡でした。

僕は一瞬頭が真っ白になりました。

数日前二人で食事したばかりなのに、なんで自殺なんか。

彼の相談したいこと、この時はそれが自殺に繋がっていたのかはわかりませんでした。

僕は、その連絡をくれた共通の友人(後述A)から話を聞くため、Aに話す時間を作ってもらいました。

Aと集まった僕は、近くのカフェに入り、開口一番に彼の自殺のことを聞きました。

なんで自殺なんかしたんだ?

俺も部署が違うから、詳しいことはわからないんだけど、彼と同じ部署の奴が言うには、パワ
ハラとか過酷な労働時間らしい

Aいわく、会社の中でも過酷を極める部署で彼は働いていて、朝の6時には出勤して、終電近くまで働かされる部署だったそうです。

IT関係の会社だったのですが、未経験で入社した彼は、早く仕事を覚えるようにと、長時間働い
ていたみたいです。

しかし、彼の会社はそこそこ大手だったので、そんな働き方をさせていたら、労基に目を付けら
れるのではないか?と思ったのですが

⇒大切な人を自殺に追い込んだ加害者を撃退する弁護士保険とは?

Aの話によると、タイムカードだけは定時の時間に切らされていたみたいです。

なので、記録上はなんの問題もないのです。

当事者でも。会社の関係者でもない僕は、何もできません。

僕はあまりの理不尽さに、怒りが込み上げていました。

そして、彼と食事した時の事を思い出しました。

タイトルとURLをコピーしました