営業マンに嘘をつかれた!客をナメた態度に怒り爆発

嘘をつかれた人間関係のトラブル
この記事は約3分で読めます。

車に乗る人なら、長い人生で一度や二度は車を乗り換えることがあるでしょう。新車を購入して乗り換える人も、中古車を購入して乗り換える人もいるでしょうが、それと同時にそれまで乗っていた車を下取りに出すという人も多いのではないでしょうか。

しかし一言に車の乗り換えといっても、その手続きや契約の手間はそう単純なものではありません。車を購入するには車庫証明書を警察署に行って発行してもらう必要がありますし、下取りに関しては一見簡単そうですが、何枚もの書類にサインが必要なうえ役所へ行って印鑑証明書と住民票まで取りに行かなくてはなりません。

そうしてやっと古い車から晴れて新たな車へと乗り換えができるのですが、時にはそんな複雑な契約のやり取りの中で、思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。

納車予定の日に納車されない、説明にはなかった傷があった等、誰が見てもその場で明らかな店舗側のミスなら補償してもらいやすいです。

しかし、実はこちら側にデメリットな事を後から知ったけれど既に契約書にサインをしてしまっている、というような場合は嘘をつかれたと気づいても補償してもらうことは困難です。現に私も下取りに出した車について、契約を交わした後に嘘をつかれたことに気づいた一人です。

⇒営業マンとのトラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

営業マンに嘘をつかれた!タダ同然で車を買いたたかれてしまっていたことに後から気づく

私が体験した事をお話しします。それは大手中古車販売チェーン店にてファミリーカーを購入し、同時にそれまで乗っていた小型車を下取りに出した時の事です。その小型車は年式も古く距離も10万キロ近く走っていたため、ほとんど値段はつかないかもしれないと思っていましたが、熱心な営業担当に「うちなら2万円出します!他でここまで出せる店はありませんよ!」と自信満々に言われました。誰もが知る大手チェーン店なので基本的に信頼していましたし、2万円値がつくならいいかと下取り契約を交わしました。ここまでは問題ありませんでした。

それから数週間後、自動車税課税課から1枚のハガキが届きました。自動車税は毎年5月頃に1年間分をまとめて支払いますが、途中で下取りに出して手放したので、残った分の税金が私に返金されますよ、という通知書でした。私が払った税金が戻ってくるだけのことですが、嬉しいものです。返金手続きの為に課税課にさっそく電話をすると、なんと「あなたからの委任状で、税金は中古車販売店に振り込みました。」との回答をされました。

⇒営業マンとのトラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

契約時に営業担当からそんな説明された覚えは全くないですし、委任状にサインした記憶もありませんでしたので、驚きを隠せませんでした。きっと何かの手違いだろうと営業担当に電話すると、「あー、そういうの全部コミの下取り価格なんですよ」と冷たい回答をされました。

タイトルとURLをコピーしました