無視はパワハラに該当。半年間上司に無視され続けた私の体験談

無視はパワハラに該当職場のトラブル
この記事は約4分で読めます。

まさか自分がこんな目に遭うなんて思ってもいなかった。トラブルに巻き込まれた時、多くの人がそう思うのではないでしょうか。

過去に私は、職場で陰湿なパワハラに遭いました。その内容は半年間、上司から無視されるというものでした。当時、苦しんでいる私の姿を見て同僚が声を掛けてくれたのですが、その時に私はこう言ったのです。「転職して早々に、上司から100%無視されるなんて有り得ないよね。まさか自分がこんな目に遭うなんて思ってもいなかったよ。」

⇒パワハラの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

期待を膨らませての転職

私は40歳で設備管理会社に転職をしました。前職の経験を活かして現場にいる技術者のマネジメントをする仕事を見つけたのです。配属先は契約社員が約20人いる現場で そこにT部長がおられました。

入社してからの1カ月間は前任の主任から業務を引き継ぎ、その後はT部長の指導を受けながら仕事を進めていく予定でした。T部長は業界での経験が長く難関資格もお持ちでした。ですから、その時の私はT部長から専門的な知識や体験談などを教えて貰えるかも知れないと期待をしていたのです。しかし残念ながら、私の期待は入社日から打ち砕かれてしまいました。

⇒パワハラの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

入社日の暗くて異様な挨拶

T部長が問題がある上司だという事は、入社日に分かりました。まず主任と挨拶をした時に「T部長は責任を部下に押し付けるタイプだから。かなり難しい人ですよ」と教えていただいたのです。入社日に、そういった説明を受けたので私は困惑しました。しかし気持ちを切り替えて、遅れて現場に出勤して来られたT部長に挨拶をしました。

私が事務作業をしていたところ、背後から声を掛けられたのです。

「君が○○君か?」「はい。○○です。よろしくお願い致します。」失礼が無いように私は丁寧に応えました。すると即座に「ああ、分かった、分かった。じゃあ、俺はもう行くわ。」これだけを言って現場を立ち去られたのです。わすか15秒ほどの短い出来事でしたが、この最初の挨拶で私はT部長に対して強烈に悪い印象を持ちました。目も合わさず声も小さく、まともな挨拶が出来ない。そんな人間が管理職であることに愕然としたのです。

⇒パワハラの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

半年間のパワハラは、陰湿な無視

入社日からT部長に悪い印象を持ったのですが。覚えなければならない業務が多かったので、最初の1ヵ月間は嘆く間も無く慌ただしく過ぎました。そして引継ぎを終えて主任が退職されたので、その後はT部長から業務についての指導や指示を受ける事になりました。しかしT部長は3週間ほど現場に現れず、私は一人で右往左往しながら仕事をする羽目になったのです。

T部長は他の現場も管理されていたので《きっと他の現場で問題が起こっていて お忙しいのだろう》と私は自分に言い聞かせていました。しかし(これは後にその現場の社員から聞いた話ですが)当時その現場には問題が無かったので、T部長は新人の私がいる現場にいるべきだったそうです。つまり、T部長は明らかに私を困らせるように動いていたのです。

新人が技術的な業務を覚えながら20人の技術者の管理もしなければならない。なのに上司からは陰湿に無視され続けている。とても異常な状況でしたが、私は我慢をしました。協力的な社員に業務を教えて貰いながら、何とか仕事を進めていたのです。でもその後もストレスは膨らみ続けて、入社して5ヵ月後に私は頭痛や腹痛などの体調不良を起こし始めました。

もちろん無視をされていることを何度も会社には相談をしました。しかし改善はされなかったのです。会社もT部長に大きな問題があることを把握していたのですが、異動先も無く解雇もできないという事で、私は社長から「手が付けられないから、なんとか我慢してほしい」という説明を受けました。

⇒パワハラの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

タイトルとURLをコピーしました