キレやすい中高年に楽器店で急にキレられた話

キレやすい中高年人間関係のトラブル
この記事は約2分で読めます。

普段何気なく生活をしていて、街中で急激にキレだす中高年の方を見かけたことはありませんか?できれば関わりたくないと思うのが、普通でしょう。

しかし、そういったキレやすい中高年の方は、突如としてあなたに迷惑行為を働くかもしれません。キレやすい中高年の方は、何をしてくるのか分からないので十分な注意が必要です。

ただ、キレやすい中高年の方は、行動に移さず、言葉などで傷つけてくるかもしれません。そういった迷惑行為を働いてくる人もいるので要注意です。

相手に暴行を振るわれた場合は、警察も対応に応じてくれるはずですが、暴言くらいだと微妙なラインです。ましてや、証拠がないと話になりません。実際に、私は学生時代に、楽器屋でとんでもない悪質な中高年の男性に嫌がらせをされました。

⇒老害トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

見ず知らずの中高年の男性に、楽器屋で嫌がらせされた悔しい思い出

私の体験談をお話しします。私がまだ、17歳くらいの時の頃でした。まだ高校生の頃で、自転車で地元の楽器屋に向かいました。

私はちょうど新しいギターを購入するための下見の名目で、楽器屋に行くことにしたのです。ギターの購入検討をする際には、試奏が欠かせないので、その目的も果たそうと考えていました。

実際に楽器屋に着き、気になっていたギターを店員の方に取ってもらい、アンプに繋いで試奏していました。アンプの音量を上げて、ギターの音色を細部まで確かめるように試奏していました。

少し弾いていると、妙な存在感が背後にありました。嫌な予感がして、振り返ってみると、少し離れた所で、見知らぬ中高年の方が立っていました。そして、大声で「お前のギターうるさいんだよ!黙れ!」と暴言を図れました。

⇒老害トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

そもそも、楽器屋である程度の音量で試奏することは仕方のない事なので、大変ビックリしました。しかもそこまで音量を出していなかったので、突然の出来事で頭がパニックになりました。

恐怖を感じたので、急いで、ギターの試奏を止めて立ち去ろうとしました。しかし、その中高年くらいの男性は、店を出てもしつこく付きまとってきて、嫌味を言ってきました。

私も、頭にきたので言い返したら口論になりそうだったので、馬鹿馬鹿しくなりその場を後にしました。顔も見たくなかったので、急いで自転車で逃げた記憶があります。

あの時、スマホがあれば簡単に証拠を撮れたと思うと、今でも悔しくて仕方ありません。学生時代の苦い思い出です。その出来事から、キレやすい中高年は今でも大の苦手です。

⇒老害トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

タイトルとURLをコピーしました