モラハラ彼氏に所持品を壊されるなど精神的苦痛を与えられた

モラハラ彼氏男女のトラブル
この記事は約4分で読めます。

カップルで付き合っていると様々な喧嘩をします。お互いの行動が気に入らない、言動が気に入らないなど理由は様々です。場合によっては、浮気などの理由でも別れることもあるでしょう。カップルの関係は案外もろいところも多いのです。

喧嘩があまりにもエスカレートすると、男女間でも暴力沙汰になったりすることもめずらしくありません。喧嘩の具合によっては、怪我をしてしまう場合もあるので、非常に危険なものになっています。

そして、喧嘩による暴力衝動のようなものは、必ずしも人間にだけ向けられるとは限りません。その暴力衝動は、場合によっては物にまで及ぶことだってあるのです。イライラして、物を壊す人もいることをきちんとおぼえておきましょう。

大切な物を壊されたりすると、取り返しのつかないことになるので、注意が必要です。できれば、喧嘩をしているときは、大切な物は出来る限り遠ざけておくことが必須になってきます。

そこで、今回は、私の女友達がモラハラ彼氏によって、喧嘩の際に所持品を壊された話をご紹介いたします。モラハラ彼氏の手によって、私の女友達は大きな精神的苦痛を受けたそうです。

⇒彼氏とのトラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

喧嘩の際に見せしめでモラハラ彼氏に眼鏡や腕時計を壊された私の女友達

私の女友達は恋人(のちのモラハラ彼氏)と長い付き合いでした。恐らく4~5年ほど付き合っており、女友達が20代後半に差し掛かったことからも考えて、結婚するのかと考えていました。

しかし、突如として、その長いカップル生活は終わりを告げることとなったのです。つい最近のことだったので、私もそのエピソードを聞いてショックを受けました。

そのカップル生活が終わりを告げた理由は、ある一つの喧嘩だったのです。喧嘩の原因は、お互いの収入の話からもつれたものでした。私の女友達の方が彼氏よりも稼いでいたので、彼氏にもっとあなたも頑張ってほしいと告げたところで、喧嘩に発展したのです。

プライドを傷つけられたと感じた彼氏側は、私の女友達に激しく激昂します。私の女友達も負けずに言い返します。そして、お互いボルテージが上がり切り、殴り合いの喧嘩になってしまったのです。

最悪なことに、さらに頭にきた彼氏側は、彼女の大切にしていた眼鏡や腕時計を窓に対して投げ飛ばします。窓ガラスは割れて、眼鏡や腕時計は大きく破損します。いくら怒っているとはいえ、この行動はあり得ないと感じました。

彼氏側のあまりの行動に私の女友達は限界を迎え、そのまま彼氏側の家を出ていくことを決めました。以前から少し、モラハラの感じが強かった彼氏に完全に嫌気がさしてしまったのです。

私の女友達の行動は正しかったと思います。それ以上エスカレートすると、そのモラハラ彼氏に何をされるか分かったものではないからです。それからそのまま、カップルとして完全に終了し、今はお互い別々の暮らしを営んでいるそうです。

私の女友達は、自分の恋人がモラハラ彼氏になってしまって、非常にショックだったそうです。今でも大切な腕時計や眼鏡を壊されたことを思い出すと、涙が出てくるほど辛いとのことで、可愛そうに思います。

⇒彼氏とのトラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

モラハラ彼氏に対してどう対処するのが正解なのか?

モラハラ彼氏は色んな手を尽くして、あなたに精神的な攻撃をしてこようとしてくるはずです。ですが、やられっ放しでいる必要はありません。しっかりとモラハラ彼氏に対して対抗する手段はあります。

  • 周りの友人に相談してみる
  • モラハラ彼氏だということを周りに打ち明ける
  • 相手に優しくし過ぎない
  • きっぱりと別れて、連絡先などもブロックする

⇒彼氏とのトラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

モラハラ彼氏のことで悩んだ場合は、周りの友人に相談して見るのが良いでしょう。その方が精神的にリラックスすることからも可能です。意外な対処法が得られる場合もあるので、まずは友人に相談するのがおすすめです。

友達に相談する際に、彼氏がモラハラ彼氏であることを打ち明けてみても良いでしょう。そうすれば、友人もきちんと味方になってくれるに違いありません。1人でも味方を付けられるように心掛けましょう。

モラハラ彼氏と接する場合は、相手に優しくし過ぎるのはやめましょう。そのまま相手が付け上がってしまい、相手の思うつぼです。できれば、きちんと相手のモラハラに関して否定するくらいの態度で臨みましょう。

最終手段としては、きっぱりと別れることも必要です。その際は、連絡先もすべてブロックしましょう。二度とお互いで関わり合いを持たないことが大切になってきます。その方が、あなたにとって幸せになれるはずです。

タイトルとURLをコピーしました