被害者意識の強いモンスター社員が会社に大きな損害を与えた実話

モンスター社員職場のトラブル
この記事は約2分で読めます。
半沢君の弁護士保険窓口

⇒モンスター社員を撃退・予防できる弁護士保険とは?

誰でも知っている大手製造業で長く勤務していたAさん。とても真面目だが遊ぶことも忘れない人でした。義理堅く、情に脆い。Aさんとは仕事でも遊びでもお世話になりました。

親会社から子会社(年商100億円)に出向していた頃の事件です。

そんなAさん、子会社の常務であり、経理の責任者でもあり、採用担当をしていました。ある年の採用で、B君を採用しました。どこの会社にも採用されず、「この会社に採用されなければ家に帰れない」とB君に泣きつかれたのです。

やさしいAさんは後々、後悔することになりました。

Aさんのおかげで入社したB君。Aさんは経理に配属しました。B君は入社してしばらくすると、だんだん態度が悪くなっていきました。モンスター社員とは彼のためにある言葉かもしれません。

仕事はできないし、サボることばかり考えていました。社内の評判もすこぶる悪く、必要なとき以外(一人を除いて)話をする相手もいませんでした。その一人はC君と言い、聞き上手で、とても柔らかい人間で、私とも懇意にしていました。

柔らかいC君やその他の社員からも、色々とB君のモンスター社員ぶりは私の耳に入ってきました。当初はB君のことを可愛がり、AさんはB君と私と食事にいったりもしましたが、何が気に入らないのか、全てを人のせいにして、文句ばかりだったようです。

とにかく被害者意識だけは立派なモンスター社員でした。

やさしいAさんもさすがにB君を叱るようになりました。それを根に持ち、モンスター社員はとうとうやってしまいました。Aさんをわざと怒らせ、厳しく叱られたと親会社のコンプランス委員会に駆け込んだのです。そのことをB君はC君に誇らしげに話したそうです。

即座にC君は私に伝えてくれました。

夕方だったこともあり、私はAさんをソバ屋に誘って、飲みながらその話をしました。まだAさんはB君の行動を知らず、あっけに取られていました。飼い犬ならぬ自分が採用したモンスター社員に手を噛まれたのです。数日後、コンプランス委員会に呼ばれたAさん、とてもグッタリしていました。

仕方なくB君に謝罪し、ボーナスは減額されてしまいました。少しして、B君は他部署に異動となりました。これはコンプランス委員会による指示でした。

異動先の部署では、社員たちは腫れ物に触るように扱いました。親会社の常務はこの会社の責任者だったため、彼もボーナス減額で始末書です。彼もまたやさしい人間で、全てが終わった時に、Aさんをお酒の席に招いて慰めてくれたそうです。モンスター社員B君、やりたい放題です。

タイトルとURLをコピーしました