否定的な親の対処法を18年かけて発見

否定的な親家族のトラブル
この記事は約3分で読めます。

なぜか自分に自信が持てない」「事実以上に自分で自分を否定してしまう」という人は、一度自分の人生を振り返ってみることをお勧めします。

なぜならあなたが今抱えているそれらの悩みは、否定的な親が原因の可能性があるからです。

否定的な親に育てられた私は、ある時まで「自分はダメな人間だ」と思い込んでいました。正直、今でもあまり自分に自信はありません。

しかし、親の対処法を知り、少しずつ「自分にも少しはいいところがあるんだぞ」という考えにシフトすることができました。

この記事では、否定的な親の対処法を18年かけて見つけ出した私の体験談をお話します。私の体験が、誰かの突破口を開くきっかけになれば嬉しいです。

⇒親子トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

私の親は「否定的な親」だった

私は親に褒められた経験がありません。

例えばテストで100点を取れば「名前の字が汚い」と怒られ、家の手伝いをすれば「やり方がヘタ」と怒られ、何か新しいことを始めようとすれば「どうせ失敗するんだからやめなさい」と怒られました。そう、私の子供時代は怒られた思い出ばかりです。

怒られている最中も「本当に頭が悪いな」「何をやらせてもダメだな」など、とにかく否定されたことを覚えています。

それでも小学生の間は、とにかく親に褒められたい、認められたいという気持ちでがむしゃらに頑張っていました。

しかし頑張れば頑張るほど強く否定され、中学に上がる頃には親に褒めてもらおうという気持ちは完全に消失します。

残ったのは「私は本当にバカでダメなやつなんだ」という気持ちのみ。

親から散々否定的な言葉を受けた私は、いつしか自分で自分を否定するようになっていたのです。

周囲の人が褒めてくれてもそれはお世辞だと親から教えられていたため、信じることができず対応に困りました。

⇒親子トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

友人の言葉で否定的な親は変だと気づく

それでも私は否定的な親がおかしいとは少しも思っていませんでした。

親から否定されすぎた私は「無条件で親は正しく、私は間違っている」と完全に思い込んでおり、親を疑う心を持っていなかったのです。

しかし高校生になったある日、友人との会話の中で「親に褒められたことなんてない」とふと話したところ、友人から「あんたの親、大丈夫?」と指摘され目が覚めます。

友人の話によると、普通の親は頑張ったことに対して褒めてくれるそうなのです。信じられなかった私は他のクラスメイトにも「親に褒められたことある?」と聞いて回りました。今思うとかなり変な奴だったかもしれません。

⇒親子トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

それでもクラスメイトは皆「うちの親は褒めて伸ばすタイプだから無駄に褒めるよ」とか、「あんまりないけどたまに褒められるよ」などと答えてくれ、私はその事実に大きなショックを受けました。

タイトルとURLをコピーしました