クレーマーがしつこい!4回もお店に乱入してきた理不尽なクレーマー

クレーマーがしつこい職場のトラブル
この記事は約3分で読めます。

接客業をしていると、たくさんの人と出会う事になります。こんなに親切な人がいるのかと驚くこともあれば、逆に不愛想で横柄な態度をとられ、疲弊することもしばしばあります。

「お客様は神様」という言葉を一度は聞いた事のある方も多いのではないかと思いますが、あながち間違いでもないのです。

明らかに自分に落ち度がない場合でも、お客様がお怒りになっていれば謝罪するというのが鉄則。そこで謝らずにお客様と言い合いになり、問題が大きくなることを防ぐためです。

しかしながら、その店員の態度を見て、理不尽に怒り続けるお客様もいます。お客様が言う事に対して何も言い返さず、ひたすら謝り続ける姿を見て悦に入っているのか、困り果てている姿を見て楽しんでいるのか分かりませんが、そういった方もいるのです。いわゆるクレーマーと呼ばれる人。私自身、しつこいクレーマーの対応に追われ、理不尽に怒られた被害者の1人です。

⇒クレーマーの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

4回もお店に乱入してきたしつこいクレーマー

私の体験したクレームは、革靴メーカーの販売員として働いている時のことです。
私が勤めていたメーカーは、自社製品に関して修理や調整を承っていました。修理は基本お預かり、調整に関しては店で対応する、というようになっていました。

ある時、「足が痛すぎて履けない」と私の働いているお店に、革靴をお持ち込みになったお客様がいました。
他メーカーの靴ではこんなに痛くなることはなかった。どうしてくれるんだ!」とかなり激昂されていましたが、なんとか説得して、その靴を履いた状態を見させて頂きました。
サイズは問題なかったのですが、お客様の足の甲が高く、そのせいで靴擦れのようになっていました。(その革靴は足の甲が少し低いモデルでした)

⇒クレーマーの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

その時点で私は、お客様に見覚えがなかったのですが、お客様の私への怒り具合を見て、自分が販売したのだと思いこんでいました。購入していただくときの説明が足りなかった私のミスだと感じ、謝罪しました。それから、靴の形と足の形が合っていないことや、どういう対応をさせていただくかを説明しました。
そうすると、すこし落ち着いたようだったので、改めて購入した時の話を聞いてみると、
なんと別の店舗で購入したとのこと。私が販売したわけではなかったのです。

それならば、なぜ私はさっきまであんなに怒られていたのか、なぜ購入した店舗に持って行かないのかと、不思議で仕方ありませんでした。

憤りを覚えながらも、やっと怒りの炎がおさまってきたお客様に不服そうな顔をするわけにもいきません。

タイトルとURLをコピーしました