残業強制のパワハラをしてくる会社を退職して正解だった話

残業強制のパワハラ職場のトラブル
この記事は約3分で読めます。

残業強制のパワハラをしてくる会社に入社してしまったのはなぜ?

当時僕は28歳で、結婚して子供が生まれたのをきっかけに、転職を決意しました。理由は「強制的な残業が多い割に給料が少ないし、この仕事を続けていったところで果たして家族を養っていくことができるだろうか?」と思ったからです。

そして、九州一円に支店がある住宅リフォーム会社で、TVコマーシャルでも有名なN社熊本支店に営業部として入社することができました。なぜ、N社に決めたのか?理由はおもに以下の5つです。

  1. コマーシャルで有名な会社で知名度があったから
  2. 求人広告に平均月収40万以上稼げる仕事!と記載してあったから
  3. 残業強制、ノルマ一切なし!休日は日曜・祝日・長期休暇有等が魅力的だったから
  4. 知名度がある会社なので妻と互いの両親に反対されないと思ったから
  5. 工事部があり、下請けを使わない自社工事だったため安心できたから

以上の事から、僕は将来的に考えても間違いない会社だと確信したからです。当時「とにかくこのN社に入社したい!」という思いでいっぱいでした。

採用が決まって妻や両親に報告すると、すごく喜んでくれました。僕も「絶対にこの会社で頑張って稼いで家族を幸せにするぞ!!」という決意でした。

そして、入社日をむかえ初めて会社の実態を知ることになったのです。実は、N社が「残業強制のパワハラをしてくる会社」だったという事を・・・。

今思い出して考えてみれば、この日が「裁判沙汰にしてもおかしくない!」ような地獄の日々の始まりでした。

⇒残業強制トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

タイムカードを朝だけ押して帰りは押さない理由

入社日当日、僕はやる気をアピールするため早めに出社しようと思い、指定時間の20分前に出勤しました。まず、支店長からタイムカードをおすよう指示されました。

その時に、支店長から「タイムカードは朝だけおして、帰りはおさなくて良いから。」と言われ、出勤初日の僕はなぜ?と疑問に思いながらも「はい、わかりました」と答えます。

それから次々と先輩社員・上司あわせて10名と、ほかの新入社員が出社してきました。

新入社員は中途採用にもかかわらず、僕を含めて全部で15名です。朝礼で先輩や上司の紹介、それぞれ新入社員の自己紹介も終わり、支店長からの一言にびっくりしました。

「新人さんは研修しようと思ってたけど、現場にいって先輩と同行してください。その方が仕事をはやく覚えるから」と・・。

「事務所で研修受けるより、現場で勉強したほうがはやく稼げるから」とも・・・。

続けざまに「新人のみんな早く稼ぎたいやろ!?」

「ねえ、Aさん、Sさん、Tさん・・・・・・。」

みんな「はい」としか答えようがありませんでした。

⇒残業強制トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

この時点で、面接のときに言われた「研修があるから大丈夫ですよ!」ということ自体ウソになります。とは言え、みんな初日ということもあり支給された制服にさっそく着替えて、上司を中心とした6チームにわかれ、それぞれ別の現場へ移動しました。

僕は、T先輩(当時40歳位)と同行する事になり、営業活動の合間に質問しました。

「いつも帰りは何時位になるんですか?」

すると先輩が「はやくて22時位、遅いときには23時過ぎるかなあ・・・。」

僕は唖然としながらも先輩に訊き直しました。「あっ、そうなんですか。でも面接のときに商談があるときだけ遅くなると言われたんですけど・・。」

すると先輩が「全員が返ってくるまで帰れないからねえ・・、毎日だれか商談してるし。」「まっ、会社なんてそんなもんだよ」とも・・。

この時点で僕は、だまされたと思いながら、もういちど確認してみました。「それなら、残業代は付くんですか?」

タイトルとURLをコピーしました