妊娠超初期の頃に交通事故で加害者に修理費用を全額押し付けられた話

妊娠超初期の頃に交通事故交通事故のトラブル
この記事は約2分で読めます。

妊娠超初期の頃に交通事故に遭う

あれは旦那と結婚して、しばらく経った頃の出来事です。

その頃は夫婦で私の実家の近くに暮らしていたのですが、実母が仕事中に体調を崩して病院に行き、その迎えが必要とのことで、車で指定された病院まで行く途中のことでした。

とある交差点で左折した時に、向かいから右折してきた車が停車せず、そのまま私の車に横からぶつかってきたのです。

その右折車の運転手は中年の男性(仮にA)、同乗者に女性が一人でした。通常は左折優先で、過失割合は右折した相手の方が多いはずなのですが、現場検証に来た警察官から私は「貴方も向かいの車に注意して、事前に止まったりすれば良かった」という注意を受けました。

少々納得が行かなかったのですが、病院にいる母の迎えに行かなくてはいけなかったので、それ以上の話し合いは一旦保険屋さんに任せることにして、その日は終わりました。

その時のAは、こちらの怪我の有無や車の状態を心配してくれたり、入っている保険と連絡先を素直に教えてくれたりと、至って普通の様子でした。

⇒交通事故トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

加害者側の態度が一変「修理費はお前が全額負担しろ」と脅してきた

保険屋さんとの電話で、当初6:4くらいを想定していた過失割合は結局5:5となり、お互いがお互いの修理費用の半分を出すことになったのです。そのように話を進めてもらうよう保険屋さんに頼んだのですが、数日後にAから直接電話がかかってきた時の言い分が、

車は彼女(恐らく同乗者女性)のものだから、こちらは修理に保険を使わない。修理するまで車が使えなくて困る。今回の事故はそちらが悪いんだから、こちらにかかる修理費用は全額そちらが負担してくれ。貴方の保険屋にもそう説得してほしい」という、ふざけたものでした。

更に、「払ってくれないなら、人身事故に切り替える」とも。

事故時に共に怪我は無かったので、警察立ち会いの元で物損事故として処理してもらったはずなのですが、それを「やっぱり怪我をしていた」と申し出るつもりのようでした。私がまだ若い女だから、強く出れば言うことを聞くと思って舐めた対応をされたのでしょうか。

そもそも『彼女の車だから保険を使わない』だの、『修理するまで車が使えなくて困る』だの、そんなことは相手の勝手な都合なので、心の底から「知らんがな」としか思えません。

しかもあまつさえ『修理費用全額負担しろ、さもないと人身事故にするぞ』という脅しに近い要求。

タイトルとURLをコピーしました