会社の退職勧奨でリストラ候補に選ばれた私

退職勧奨職場のトラブル
この記事は約4分で読めます。

会社は簡単に従業員を解雇できません。しかし、成果を出さない社員だった、会社の売り上げが厳しいので退職者を募りたいなど、正当な理由があった場合に限り会社は退職勧奨という行動を起こします。

退職勧奨とは、会社が退職を促すこと。「辞めろ」と強く言うのではなく、「辞めて違う会社に行ったらどうだ?」とやんわり退職を打診します。

退職勧奨そのものは違法ではありません。しかし、退職勧奨と言いながら退職を強要するように働きかければ、それはパワハラとみなされ違法です。

この記事では、強制的な退職勧奨を受けた私の経験談を語るとともに、退職勧奨を受けた際どうすべきなのかについて考えます。

⇒不当解雇の撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

退職勧奨されて辞める人が続出

数年前の私はIT関連の会社で働いていました。私が入社した当時から、会社の経営はあまりうまくいっていなかったそうです。

あまり雰囲気のいい職場とは言えず、人の出入りが激しい職場ではありましたが、入社から8か月ほど経った頃から会社を辞める人が急増しました。会社の景気がいよいよ本格的に悪くなってきて、退職勧奨される人数が増えたのです。

また、非常に強引なやり方で辞めさせられると聞き、私は「自分も退職勧奨されるかもしれない」と己の身を案じました。

不安に駆られた私は転職活動を始めましたが、毎日残業をこなしながらの転職活動はなかなか上手くいきません。

そして入社から11か月経った頃、ついに私も上司に呼び出され面談を受けることになりました。

⇒不当解雇の撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

ついに私も退職勧奨を受けてしまう

面談では上司から「入社してから少し経ったが、会社に馴染めていない」「人間性が低い」と言われ、「退職をおすすめする」と告げられました。覚悟していたこととはいえ、非常にショックを受けたことを覚えています。

何よりも1番ショックだったのは、理由をムリヤリ作り出し、こちらに非があるかのように語られたこと。当時の私には一緒にランチする同僚もおり、人間関係を粗雑にしていたわけでも、モラルを欠いた行動をとった覚えもありませんでした。

もちろん上司にもそう伝えましたが、上司は全く聞く耳を持たず、「3日後にまた面談しよう」と言われその日の面談はあえなく終了。それから3日置きに上司と面談するようになりましたが、告げられる内容は回を追うごとに厳しさを増していきました。

君は会社にいらないんだ。早く退職届を出しなさい」などと言われ、面談を受ける度に疲労困憊。ちなみに、度重なる退職勧奨や、退職届の提出を強要することはパワハラに該当しますが、当時の私は知りませんでした。

⇒不当解雇の撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

退職勧奨を受け入れたら自己都合扱いになっていた

ついに心が折れた私は言われるがまま退職届を提出し、会社を辞めます。

ネットで少し調べると「退職勧奨は会社都合の退職になる」と出てきたので、「会社都合なら失業保険もすぐに出るし、何とかなるだろう」と考えたためです。

しかしその後、家に届いた離職票をよく見てみると、退職理由の欄が「自己都合」になっていました。本来ならば、離職票には「希望退職または退職勧奨」と表記されるはずです。

私は急いで会社に電話をかけ、離職票の退職理由が間違っていることを指摘すると、「退職勧奨を受けたという証拠があるのか?ないのなら自己都合だ」と突っぱねられてしまいました。

後から知ったことですが、退職勧奨で会社を辞めたにも拘わらず自己都合扱いにされてしまうことは珍しい話ではなく、会社を去る前にきちんと対策することが重要です。

強制的な退職勧奨をした会社にも恨みはありますが、よく調べずに軽率な行動をとった自分にも落ち度があったと後悔しています。

⇒不当解雇の撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

タイトルとURLをコピーしました