シングルマザーの貧困の乗り越え方を先輩シンママが伝授!

シングルマザーの貧困お金のトラブル
この記事は約3分で読めます。
半沢君の弁護士保険窓口

専業主婦から・パートからシングルマザーになって、金銭面で悩んでいるシンママはかなり多いのではないでしょうか。私は専業主婦で息子が生後半月の時、離婚調停してシングルマザーになりました。

離婚を考えたときから調停になるまでが早く、保活、職探しをしている時間もなく、あっという間に時が過ぎていき、息子との二人暮らしが始まりました。専業主婦だったこともあり貯金ゼロ、頼る人ゼロの私が究極の貧困を乗り越えた体験談をお話し致します。

⇒シングルマザーのトラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

貯金ゼロからのスタート

離婚の原因は元旦那の不倫・犯罪・DVなどによるものでした。離婚後すぐに仕事・保育園が見つかる保証もなく、そのため調停では婚姻費用・慰謝料・養育費をなるべく多くとるのに必死でした。

結局婚姻費用は離婚成立まで支払いがあったものの、養育費・慰謝料の分割分は成立後すぐに未払いになりました。たとえ調書があっても強制執行で必ず回収できるわけでもない日本では、逃げる男から未払い金を回収するのは困難で、貯金もなかった私はこの先の生活がすごく不安でした。

奇跡的に保育園が決まり、息子が生後8か月から働く事ができ、そこからはがむしゃらに働きました。と言っても保育時間は決まっていて、私の中に「延長保育」という選択肢はなかったためその限られた時間の中で稼げるのは「時給を上げる」の一択でした。

年数働けば時給のあがる会社ではなく、自分の頑張りでどんどん時給があがるシステムだったこともあり、本当に頑張りました。息子の突発できな熱などでの欠勤・早退も多々ある中で、信頼回復の意味も込めて人一倍…いや5倍は頑張っていたと思います。

そのおかげ成績は全国で5位、勤務先の事業所では1位を取ることができ、時給も半年の間に3回昇格できました。そのため、同じ時間で働くパートさんよりも手取りの金額は多かったです。

しかし、子どもの発熱って多いんですよね。子の前呼び出されたと思ったらまた呼び出し。そしてインフル…月の半分出勤できたらいい時期なんかもありました。なのでいくら時給を上げても出勤ができないので手取りがバイト代にしかならないのです。

そこに養育費があれば…慰謝料が未払いでなれけば…また生活は変わっていたと思います。でも、そんな無い物に希望を持ってはいけないと、ただただ、息子の寝顔を見てはこの先の生活に不安がいっぱいで、涙する毎日でした。

私がシングルマザーの貧困を乗り越えた方法

涙する毎日を乗り越えたのは「前を向く気持ち」でした。いくら働いたって、いくら悩んだって、無い物はないのです。稼げない時は稼げない、今稼げなくたって、気持ちが沈まなければ死ぬことはない。なんとかなる!精神を持つことにしました。

気持ちの持ちようで、人間ってこんなに変われるんだ…と正直自分でも驚きました。毎日泣いた甲斐があったな、とまで思いましたね。

タイトルとURLをコピーしました