ナンパおやじにストーカーされた女友達の話

ナンパのストーカー男女のトラブル
この記事は約2分で読めます。

現代の日本においても、ストーカーやナンパによる被害が絶えません。世の女性にとって、ストーカーやナンパは迷惑であり、看過できない問題であることは間違いありません。

知らない男性に話しかけられたり、触られたり、付きまとわれるのは誰しもが恐怖に感じるはずです。下手をすれば事件に巻き込まれてしまう可能性だってあるのです。

特に都心など人口が集まる場所では、ストーカーやナンパといった被害は多くなってきます。そこを生活圏にする方にとって、大きな不安要因になりかねません。

そこで、今回はナンパおやじに私の友達がストーカーされた話を紹介いたします。20代の私の友達が40代のおやじに付きまとわれた恐ろしい話になっています。女性の方にとっては、特に参考になる話だと思います。

⇒ストーカーを撃退・予防できる弁護士保険とは?



恐怖!電車内で付きまとい、降りてもしつこく女友達に付きまとってくるストーカーナンパおやじ!

私の友達は20代の女性で、大人しい性格です。ルックスも非常に綺麗で、清楚な雰囲気に包まれており、周りからも人気が高い自慢の友人です。もちろん異性からも良くモテるタイプなのは言うまでもないことです。

都心に行くと、必ずと言っていいほどナンパされるのが悩みの種で、本人もそれを気にしていました。恵まれたルックスだからこその悩みです。

そして、とある休日に彼女の身に大きな災いが降りかかります。それは、都内に出かけようと電車に乗った時のことでした。

普通に電車に乗って、座席に座っているとどこからともなく強い視線を受けました。その方向を振り向くと、見知らぬ30代後半~40代くらいのおやじがその友人に向けて、熱い視線を送っていました。

そのような出来事は初めてだったので、用もない駅で友人は一回降りてそのおやじを撒くことに決めました。一回他の駅で降りて、トイレに駆け込み逃げることに成功しました。

しかし、それは大きな油断だったのです。

⇒ストーカーを撃退・予防できる弁護士保険とは?

そのおやじを撒けたと考え、ホッとした友人は油断してトイレから出ます。ですが、そこにはその親父の姿があったのです。余りのおやじのストーカー執念に血の気が引く友人でしたが、そのおやじに捕まってしまいます。