電車で痴漢され犯人を特定できずに泣き寝入りした女性の話

電車で痴漢男女のトラブル
この記事は約2分で読めます。

女性にとって通勤時の共通の悩みが満員電車での「痴漢」行為です。痴漢は立派な犯罪で、懲役6か月以下、又は50万円以下の罰金となっています。そのような法律が定められているにも関わらず行為に及んでしまう男性が存在するのも事実です。痴漢行為を受けた側は、触られたショックと怒りで引きこもりになってしまう方もいるほどだそうです。

今回はそんな痴漢行為を実際に受けた知人女性のお話をご紹介いたします。

⇒痴漢トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

電車で痴漢被害にあった知人女性の話

彼女は都内で会社員をしており、通勤には必ず電車を利用していました。そのため出社時と帰宅時は必ずと言っていいほど満員電車なのだそうです。

ある日、彼女が帰宅時に電車を利用したときの話です。

彼女はケータイで音楽を聞くことが趣味で、その日も音楽を聞きながら耳にイヤホンをしてケータイをいじって電車が来るのを待っていたそうです。そうこうしているうちにいつの間にか電車が来ていて、後ろの人に押されて流されるように乗り込んだそうです。

耳にはイヤホンをしたままで音楽を止めようにも止められず、そのまま電車は発車してしまいました。その後、しばらく電車に揺られてお尻に違和感を覚えるようになったそうです。電車が揺れるのとはまた違った、触られているような感触がお尻のあたりに感じたそうです。

⇒痴漢トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

電車が駅に着き停止中はお尻にあったその感触は一旦消えたので、最初は気のせいだと思って無視していたそうです。しかし、走り出すとまたその感触はお尻に戻ってきました。すると今度は、なでるように触られている感触があったそうです。

そこで彼女は初めて、自分が「痴漢」されているということに気付いたそうです。彼女の耳にはイヤホンがあるため、周りの音は何も聞こえません。ましてやここで大声を出してみんなに迷惑が掛かってしまったらそれはそれで嫌だし…。

彼女の中で一気に「不安」と「恐怖」が溢れてきたそうです。助けを求めると言っても、みんなぎゅうぎゅうで乗っているため誰が犯人なのかが分からない、自分が犯人の集団から囲まれているのかもしれない、そう思ったそうです。

⇒痴漢トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

自分の今の状況がまったく分からない状況で、彼女の最寄り駅に到着してしまいました。降車時にはみんなが一斉に降りるため、誰が犯人なのかまったく分からなかったそうです。

その後も、犯人が誰なのかを血眼になって探したそうですが勿論見つかるわけありません。次第に怒りが込み上げてきたそうです。

タイトルとURLをコピーしました