試し行為は共依存の前兆…危険なので今すぐ逃げて!

試し行為男女のトラブル
この記事は約3分で読めます。
半沢君の弁護士保険窓口

試し行為」。この言葉を初めて聞いたという人も多いかもしれません。

試し行為とは、その多くは幼少期に親から十分に愛情をもらえなかったことが原因で、大人になってからメンタルに異常をきたしてメンヘラ女となった女性が、依存相手としてロックオンした特定の人物に対し、その人物が自分のためにどのくらい献身的に尽くしてくれるかを試す行為のことをいいます。

試し行為をする程の重度のメンヘラ女は、おそらく境界性人格障害と思われます。自分と他人とのボーダーラインをうまく引くことが出来ない為、感情次第で他人に対し人間扱いとは思えない滅茶苦茶な要求をしてきます。

原因はやはり、幼少期に親と適切な親子関係が結べなかったことにあり、自己肯定感が異常に低く、常に強い虚無感に襲われているため、他人からは得られるはずのない「無限で無償の愛」を、試し行為によって満たそうとしてくるのです。こうしたメンヘラ女は、「ボーダー」と呼ばれることもあります。

きちんと自覚して精神科にかかっている場合はまだいいですが、多くの場合は自覚がありません。試し行為も、相手に悪意をもってしているわけではないのです。

あくまで愛情に飢えている上での必死の行為で、根は純粋な良い子だったり、懸命に生きているのが傍から見てもわかるので、そうしたメンヘラ女はたいてい力を貸したくなってしまうような魅力をもっています。

そうして周りの人間を振り回し疲弊させるので、そのたびに人間関係を崩壊させながら生きています。

私は、親身になって悩みを聞いていたために、かつて友人だったメンヘラ女から完全に依存相手としてロックオンされ、試し行為をされ続けた経験があります。今回は、私がされた試し行為について、お話したいと思います。

⇒しつこい試し行為を撃退・予防できる弁護士保険とは?

メンヘラ女の底なしの要求。エスカレートしていく私への試し行為

私が20代の頃の話です。幼少期に母親が不倫して一家離散してからずっと金銭的、精神的に苦労しているというそのメンヘラ女を哀れに感じ、なにか力になってあげたいという使命感にかられてしまったのがはじまりでした。

人に「助けてあげたい」と思わせるのがメンヘラ女の生きる術ですから、私はまんまとその罠にはまってしまったというワケです。

最初は、たまに家に行って話を聞いたり雑談したりするだけでした。

すると、次第にメンヘラ女の方から私に頻繁に連絡してくるようになり、「気分が悪くて昨日からなにも食べてない」と連絡が来て、心配した私は食料を買って家に届けました。今思えばこれが最初の試し行為で私はすんなり応じてしまいました。

するとその数日後、今度は「気分が落ち込んで布団から出られず会社に行けそうにない、会社まで車で送ってもらえないか」と言ってきました。たまたま自分の仕事も休みだった私は「いいよー」と、メンヘラ女を迎えにいき会社まで送っていきました。

人は自分を頼りにしてくれたり、人の役に立ったりすると、充実感を感じるもので、私はその時点ではまだ喜んでメンヘラ女に協力していました。

しかしそれは完全にメンヘラ女の思う壺で、いよいよ完全に搾取できると判断された私への試し行為は、それから徐々にエスカレートしていきました。

時には「資格の勉強をしてもっと自立してハツラツと生きたいのにお金が足りない」と言われ、メンヘラ女が立ち直れるならとお金を援助することもありました。

しだいに頻繁にメンヘラ女の家に呼び出され、自分の仕事の時間を調整したり、睡眠時間を削ってまでメンヘラ女を会社に送迎していくまでに、試し行為はエスカレートしていきました。

タイトルとURLをコピーしました