Uber Eatsの配達員にマックのポテトを勝手に食べられたんだが…

Uber Eats人間関係のトラブル
この記事は約2分で読めます。
半沢君の弁護士保険窓口

新型コロナウイルスの影響で、外出自粛生活が続いている今現在。様々な店がコロナによる不況をどうにかしようと工夫を凝らしています。

その中でも特に私たちがよく利用するのは、Uber Eatsではないでしょうか?今となってはあるのが当たり前のようになっていますが、ここ数ヶ月の間に急展開したビジネスです。

急展開した、ということが原因かは分かりませんがUber Eatsの需要が上がるとともに、その問題点も浮き彫りになりました。

その問題点の一つに、Uber Eatsの配達員のマナーが悪いことが挙げられます。ある有名なラジオ系YouTuberも、その被害にあったそうです。

SNSでもその問題が度々指摘され、今では随分改善されたものの減っただけでなくなったわけではありません。これは、その被害を受けた私の体験談です。

⇒Uber Eatsの配達員とのトラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

Uber Eatsの配達員にマックのポテトを勝手に食べられた

私の体験談をお話します。

家族で買い物に出かけていた日のことです。夕方だったこともあり、小腹が空いていた私は最近頻繁に利用していたUber Eatsでマクドナルドのとあるセットを頼みました。

最近は SNSでデリバリーサービスのマナーの悪さが騒がれていましたが、実際この目で見たことがない私は、マナーの悪いUber Eatsの配達員の存在をちょっとした有名人感覚で認識していたのでしょう。

この時の私は、まさか自分が被害に遭うとは考えてもいなかったのです。

車に揺られながら何気なく外を眺めていると、Uber Eatsのリュックが目に入りました。皆さんも見たことがあるであろう、あの大きなリュックです。

ちょうど信号に捕まってしまい、私が乗っている車の真横にUber Eatsの配達員も自転車を停止させました。最近配達員のマナーが指摘されている中この配達員はしっかりと車道を走行していたので、当たり前のことですが「あ〜えらいな〜」と思いました。

が、そう思ったのも束の間。なんとその配達員、自転車を漕ぎながらマクドナルドのポテトを食べていたのです。

この時私は、SNSで拡散されていた配達員の動画を思い出し、その配達員の姿を写真に納めていました。別に何に使うでもないけれど、なぜか反射的に写真を撮っていたんです。

別に配達員も人間なんだし、ご飯くらい食べるでしょ」なんて思った人もいるでしょう。

この意見はTwitterで見かけたものですが、正直この意見を見て怒りや驚きではなく素直に怖かったです。

タイトルとURLをコピーしました