交通費50万円の未払いや懲戒処分の仕打ちを受け会社を退職した話

交通費の未払い職場のトラブル
この記事は約2分で読めます。
半沢君の弁護士保険窓口

皆さんは交通費の未払いや懲戒処分を経験したことがありますか?

ほとんどの方は無いでしょう。

ですが私は両方経験しました。

今回はそんな私の実体験を書こうと思います。

⇒交通費の未払いを撃退・予防できる弁護士保険とは?

交通費を未払いする某一部上場企業の子会社

当時私は某一部上場企業の子会社で働いていました。職種は経理です。

会社は主に経営が悪化した会社の事業再生を行っていました。いわゆるコンサルティング業務ですね。私は地方のビジネスホテルの経理を担当していました。

私は元々経理の仕事に興味があったので、希望通りの職種につけたということになります。

私が立て替えた交通費50万円が一向に振り込まれない…

私は地方のビジネスホテルを担当しているので、必然的に現地への出張が多くなります。新幹線で片道2時間くらいでしょうか。新幹線の領収書は必ず添付して、会社のルール通りに交通費の申請をしていました。

しかしなぜ、交通費を申請しているのにもかかわらず、交通費が永遠と振り込まれなかったのか?

その理由は「試練を与えて成果を出させるために交通費を支給するな!」という指示が社長から出ていたからです。言っていることが無茶苦茶だと思いませんか??

今思えば社長は「試練」という意味を勘違いされていたのかもしてませんね。今では笑い話ですが、本当にひどい会社だったと思います。

会社を退職するまで計50万円の交通費が未払いの状態でしたが、退職してから”ある方法”を使って未払いの交通費の回収に成功しました。

補足

経験して分かったのですが、出張って結構疲れるんですよ。最初は週に1回程度でしたが、気づけば週に2回、3回・・・。そして最終的に毎日出張になりました。

朝8:30に東京の本社へ出社。午後から出張に行き、家に着くのは0時過ぎ。当時はこんな生活をしていましたね。

労働基準監督署と親会社に事情を話して交通費の回収に成功!

まず私は退職手続きを進めるまで、未払いの交通費について部長に相談してきました。部長にはいつも「必ず払うので待ってほしい」と言われ続けていましたが、退職後も支払われることはありませんでした。

そこで私はまず、労基署労働基準監督署に相談することにしました。

タイトルとURLをコピーしました