交通事故で濡れ衣を着せられ加害者にされた話

交通事故の濡れ衣交通事故のトラブル
この記事は約2分で読めます。
半沢君の弁護士保険窓口

ある日突然、交通事故の加害者に

ある寒い秋の日、車を運転していた時のことです。家の近くの下り坂で止まった時、スマホが座席の下に落ちてしまいました。パーキングブレーキとサイドブレーキをかけて、スマホを取ろうとしたんですが、車が「ずるっ」と前へ滑ってしまいました。サイドブレーキの入りが甘かったのかもしれません。その時は、「前の車と車間距離がずいぶん近くなっちゃったな」と思っていました。

そうしたら突然、前に停まっていた車のオバサンが、めちゃくちゃ怖い顔で降りてきました。そして、「あんた車ぶつけたでしょ!今すぐそこに停まりなさい!」と言われました。

「えっ?」と思いました。音も衝撃も何もなかったのに。でも、そのオバサンがものすごい剣幕だったので、それに押されて、近くの駐車場に車を停めました。

⇒交通事故トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

被害者のオバサンのおかしな言動

交通事故の被害者と加害者って、自然と車を並べて停めますよね?でもなぜか、そのオバサンは、こっちからは見えない、離れた場所に車を停めて、こちらの車の方に寄って来ました。

そこからは、警察が来るまで延々怒鳴られ続けました。一瞬スマホを取りに車の中に戻ったら、「加害者なんだからずっと外で立ってろ!」と言われたり。こっちは「すみません」「本当に申し訳ないです」と何度も謝ったのに、「謝罪の一言もないのか!」と言われたり。それには「ヤバい、このオバサン頭おかしいかも」と思い、たまらず父を電話で呼びました。

しかし、私の車には事故のあとらしい傷は全くなかったんです。やってきた警察官がそれを指摘しようとしたからか、オバサンは警察官にも何やかやと怒鳴り始めました。警察官は、面倒を避けたいと思ったのか、「ああ、(私の車の)ここに傷がありますね」などと言ってそそくさと帰っていきました。

そしてオバサンは「加害者の車って傷つかないのよねえ、こっちはバンパーが落ちかけてるっていうのに」などと言いました。

今考えると、「そんなわけあるか!」と思います。

どれどれ、と父がオバサンの車を確認しに行ったら、オバサンは父に対しても怒鳴り散らし始めました。父は応戦することに気を取られて、オバサンの車を確認することができませんでした。

そして普通、交通事故の加害者と被害者は連絡先を交換するものですが、そのオバサンは、「あんたたちなんか信用できないから」という謎の理由で、名前と電話番号しか寄越しませんでした。こっちの名前、電話番号、住所、車のナンバーを書いたメモを受け取った上で、です。

結局、私のカウンセリングの領収書がぴらっとみえたのがきっかけか、オバサンは「障害者に運転なんかさせるな!」と捨てぜりふを残して去っていきました。

冷静に考えると……

タイトルとURLをコピーしました