妻子持ちの男性社員とお酒の勢いで一夜の関係を持つことに…

妻子持ち男女のトラブル
この記事は約3分で読めます。

まさか自分が不倫をするなんて!

こう思う女性はきっと多いと思います。そんな私も、「不倫なんて言語道断!」と思っていたうちのひとりでした。ですが、お酒の勢いが不倫を加速させたのか、妻子持ちの男性自らが進んで私を不倫に誘いこむという事態が起きてしまいました。

当時、「ひとりぼっち」というドン底の寂しさもあったこともあり、私自身「アンチ不倫」なのにもかかわらず、したくもない不倫に片足を突っ込んでしまいました。

今回は、そんな筆者の体験談を大暴露します。

⇒妻子持ちの男性からの誘いの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

妻子持ちの男性社員は「肉食系」!

当時、外資系企業に勤務していた筆者は、仕事上でたびたび電話でコミュニケーションを取っていた男性社員がいました。自分より一回り年上の男性には、当然妻と子どもがいました。

仕事をバリバリこなすだけでなく、見た目も肉食系なこの男性社員と、まさか不倫状態になるなんてこの時は全く想像をしていませんでした。

筆者が不倫街道に片足を突っ込むことになったきっかけは、会社の退職でした。お世話になったし、普段営業活動をしているため余り出社もしない人だったので、たまたま仕事に関することで電話がかかってきた時に、退職することを明かしました。

その時に「頑張ってたし、何かお礼がしたい」という申し出が彼からあり、個人的に連絡を取ってお別れ会をすることになったのです。

⇒妻子持ちの男性からの誘いの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

「他の社員の人には内緒だよ!」そう言ってコッソリ開いてくれたお別れ会は、なんと高級料亭!!人生に一生行くことはないだろうというほどの高級料亭でご飯をご馳走になり、退職の経緯や今後のこと等で話題がつきませんでした。

今ではゼッタイにやらないのですが、その時に私も「一生行くことがない場所だから高級なお酒を飲んじゃえ!」と、お酒をたくさん飲んでしまったのです。

私が楽しい様子を見て、彼も楽しかったのか、解散かと思いきや2件目・3件目と足を延ばすことに。
お酒の勢いで私も楽しくなってしまい、言われるがままに彼についていきました。

これが後に、大きな過ちの引き金になるだなんてその時は知る由もありませんでした。

⇒妻子持ちの男性からの誘いの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

終電がない!妻子持ち男性社員はホテルを手配

だんだん酔いも回り始め、時計を見たらいつの間にか終電がなくなるほどの深夜に!酔っぱらいながらも困った私は彼に相談したところ、彼はホテルを手配。

こういう時にラブホかな、と思っていたのですが、連れられた先はなんと都内では4ツ星にノミネートされるレベルのラグジュアリーホテル!

タイトルとURLをコピーしました