お金を返してくれない人に催促するのが怖くて放置していると…

お金を返してくれないお金のトラブル
この記事は約3分で読めます。

お金に困ったとき、何か高価なものを買いたいとき、私たちは銀行やクレジット会社でローンを組みます。

そしてもう1つ。家族、親戚、友人に借りるという方法があります。

ただそこには、金融機関でローンを組むことと違い、きちんとした契約書を作成することは少なく、そのせいで招いてしまうトラブルも多いのではないでしょうか

その被害者の1人が私の友人になります。

⇒金銭トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?



お母さんが他界した後わかった、手書きの借用書

友人A子には、本当に優しく聡明な、絵に描いたようなステキな両親がいました。お父さんは元公務員で、定年後は思う存分楽しむぞ!と言っていた矢先に、がんで他界してしまいました。

悲しみに沈むA子やお母さんを、周りは随分心配しましたが、A子には生まれたばかりの子供がいましたので、子供の無邪気さが周りの塞いだ気持ちを切り替えてくれたようでした。

A子のお母さんは専業主婦でしたが、お父さんの残してくれた遺産のおかげで、苦労することなく生活をし、シニアライフを楽しんでいるように見えました。

しかしそんな矢先、またもやお母さん自身ががんに侵されてしまいました。

お父さんの時同様、既に進行がんとなってしまっており、なす術なく、緩和ケアの後、他界してしまいました。

生前のお母さんは、大変お人好しで、困っている人を無視できないと、見ず知らずの人まで家に上げてしまうほどの人でした。

そんなお母さんがまさか…ということが亡くなった後にわかったのです。

それは、A子がお母さんの部屋を片付けていたとき、お母さんのバッグから出てきたのは1枚の手書きの借用書でした。そして、数万円の返済があった日付と返済額のメモ書き。明らかに、借りた日から現在までに全額精算にはなっていないようでした。

⇒金銭トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?



お金を返してくれないお母さんの友人

その借用書には、日付と借用額300万円、借りた人の名前と印鑑があるのみでした。しかもその借りた人はA子もよく知るお母さんの友達。

その人はお母さんの自宅の近所に住む人で、お通夜もお葬式への参列だけでなく、お手伝いもしてくれた人でした。

A子もお母さんに似て、お人好しのところがあったので、落ち着いたらお金の話があるはず。そう思って、しばらく様子をみることにしました。

でも…待っても待っても、その友人からその話は出る気配がありませんでした。

⇒金銭トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?