女は怖い!男に媚びを売り貯金を盗み出すキャバ嬢

女は怖い男女のトラブル
この記事は約3分で読めます。

これは僕がまだ10代の頃、高校に入学してから1年半後、高2年の夏に起きた個人的事件の話です。

高校に入学してから元々興味があった音楽の世界に足を踏み入れてバンド活動に力を入れていました。当時はバンドで世の中に出るぞ!という気持ちでいた為、学校に居る必要性を感じなくなり東京へ行こうと決意したのです。

しかし親には反対されスムーズに上京とはいきませんでした。

どうしても東京へ行きたかった僕はしばらくしてから家出を思い立ったのです。そして親の寝静まった頃を見計らい夜中、バイクで東京へ向かいました。

東京へ着いてから最初の1週間は当てもなく足りないメンバーを探す為ライブハウスへライブを見に行ったりする日々を送っていました。するとそのライブハウスでいきなり1人の女性が声を掛けてきました。

話してみると、バンドが好きでよくライブハウスに行ったりするらしく僕が上京してきた事(家出は隠している)を受付の人から聞いたらしく話しかけてくれたようだ。

見た感じキャバクラにいそうな出立ちだったのですが意外にも好きなバンドが被っていたりして話が弾み、その日のうちに割と仲良くなりました。

上京して知り合いが少ない中でのこういった出会いは助かるとその時は思ったのです。実際に色んなバンドを紹介してもらったり、ライブハウスのスタッフなど話を通してもらったりしてくれたのは有り難かったです。

なにより東京でバンド活動をして夢に近づいている気がしました。

⇒女性トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

メンバーの知り合いの人の所で居候生活が始まってからしばらくして、彼女の仕事がキャバ嬢だと聞きました。

案の定と思ったのと10代の自分からしたら夜の仕事くらいのイメージしかなかったのですが、彼女の話が上手なのはそういうところから来ていたのかと僕はこの後思い知るのです。

上京して1ヶ月ほどして、例のキャバ嬢とその友達数人と遊ぶ機会がありました。カラオケなんかしてワイワイしていた時、ふと好きな数字や携帯の暗証番号などについてそれで性格がわかるとかなんとか相性がどうとかそんな話を始めたのです。
周りの人達は、その話で盛り上がってました。

僕はそういった類のものは信じないタチなのであまり話に参加していなかったのですが、突然キャバ嬢が僕に『こうゆうのって大体の人は誕生日だったりするよね?』と言ってきました。

僕自身誕生日に設定していなかったので、そんな事ないと返事をしました。その後何を話したか細かい所は省きますが、最終的に僕は銀行のキャッシュカードの暗証番号を教えてしまっていたのです。キャッシュカードがなければ知っていても安心だろうという考えもあったと思います。

その日は何事もなく解散しました。

タイトルとURLをコピーしました