名前付きで死ねと書かれた学生時代のムカつく体験談

死ねと書かれた人間関係のトラブル
この記事は約3分で読めます。
半沢君の弁護士保険窓口

ガードレールに死ねと落書き!頭にくる同級生!!

何年経っても一向に無くなる気配のない落書きの被害。
公園、トンネル、シャッター、橋、ガードレールなど少しでもスペースがあれば落書きの標的にされます。市のボランティアの人達が一生懸命落書きを消したとしても、その努力も虚しくまた書かれてしまう始末。

たかが落書きじゃないかと思うかもしれませんが、落書きは立派な犯罪です。
公共物や私有物に損害を与えたりするのは立派な罪となるのです。

私はその悪質な落書きによって被害を受けた人間の一人です。
今回は私が名指しで落書きされた体験談を話したいと思います。

⇒誹謗中傷を撃退・予防できる弁護士保険とは?

名指しで「死ね」とスプレーで書かれた苦い思い出

これは私が中学生の時の話です。今から約18年前の事です。

私にはとても苦手な同級生が一人いました。それはM君という男の子でした。彼とは1年生の時に同じクラスで共通の友達を通じて遊んだりしていました。

最初は仲良く遊んでたり話してたりしていたのですが、人間仲良くなればなるほど相手の本性が見えてくるもの、彼の嫌な一面が一緒にいるうちに浮き彫りになってきました。

彼はとにかく陰口が大好きで、本当によくクラスの人間の悪口を言っていました。
サッカーで活躍している同級生、クラスの女子、または学校の先生の陰口を毎日嫌というほど私は聞かされていました。

また、皆で友達の家に遊びに行った時も人の目を盗んで小銭を取ったりしていました。また学校で体育の先生が同じクラスの同級生の男の子をシバいていた時も、その様子を見ながらニヤニヤと笑っていたりと、私は彼のクズっぽい所を目にするようになりました。

私も彼の陰口の標的にされてしまいました

私は彼といるのが疲れてしまい、彼と距離を置くようになりました。ある時、別の学校に通っている友達が私の家に来た時の事でした。

その友達がとても険しい顔をしていたので「どうしたの?」と声をかけたところ、重い口を開き私にこう言いました。

お前なんか落書きされてるよ
私は少し頭が真っ白になりました。

「え?どうゆうこと?」と友達に聞き返しました。

すると何とも言えない表情で「駄菓子屋の裏の細長い道があるだろう?そこのガードレールにスプレーで名指しで死ねと書かれてるぞ」と私に言いました。
私はすごく悲しくなり、メンタルも傷ついてしまい、その日の夜はろくに睡眠も取れませんでした。

翌日、学校で誰がそんな酷い落書きをしたのか調べてみました。幸いにも私には友達が多かったので、情報が耳に入りやすかったです。
調べた結果どうやら、あのM君がなんと落書きしていたという事が分かりました。

どうやら私が彼に小銭を貸した件のことがスプレーで落書きした理由だという事でした。彼に貸したお金が中々返らないので、私が同級生に愚痴を言っていたことが彼の耳に入ったらしく、怒りを買ったみたいです。

私はそんな事でこんな酷い落書きをしたのかと思ったらとても情けなくなり、悲しくなりました。同時に怒りがこみ上げてきて、いつかこの事を学校に報告しようと心に決めました。

とある夜、私が家に居た時の事でした。
電話が鳴ったので出てみるとなんとM君からでした。

タイトルとURLをコピーしました