女子のいじめは陰湿!男子の想像を超えるくらい陰湿

女子のいじめ学校のトラブル
この記事は約3分で読めます。

私が女子から陰湿ないじめを受けるようになった原因

私は生まれた頃から鼻血がすぐ出てしまう体質でかなりの劣等感を持っていました。鼻血は汚いものと認識されていたし、チョコレートの食べすぎとか、エッチなこと考えてるでしょ?とか、からかわれていました。

小さい頃から2人の年上の従兄弟がすぐ近くにいた影響か、女子のする遊びより男子とPKしたり、自転車で走りまくって泥だらけで遊んでいました。

母がいうには小学3年生まで私が友達と言って連れてくるのは、男子ばかりだったそうです。いじめといういじめはとくに思い当たりませんでした。もしかしたらただ鈍感だったの可能性もあります。

⇒陰湿ないじめを撃退・予防できる弁護士保険とは?

思春期の女子特有の陰湿ないじめと理不尽な理由

小学高学年ともなると悪気もなく、男子・女子から『鼻血』とか『鼻血ぶー』とか人の名前でもないひどい呼ばれ方をしていました。低学年の子に出会い頭に「鼻血」と呼ばれるとちょっと悲しい気持ちにもなりました。

さらに同級生からは鼻血がつくからと、学級に2~30冊ある学級文庫の人気のある本を読ませてもらえない時もありました。

ある時、今でいうカースト制度のトップの女子と私の母が買ってきてくれたジャージが偶然被ってしまいました。

昼休みに同じクラスなのにわざわざ体育館の近くに呼出されて、私は階段下で相手は4人で階段の上で腕組みをしていたので怖くて黙っていました。

Aちゃんと同じ服着ないでくれない?」と高圧的に迫られました。女子の連帯感はすごいもので同じ女子なのに怖いなあと思いました。

同時に私は反論出来ずに心の中で「なんで服が被っただけで怒られなきゃいけないのかな?」と意味が分からずにもどかしくなりました。

しかし、それだけでは終わりませんでした。部活も一緒のAちゃんから話を聞いた女子の先輩が同じジャージを着ていたのです。

私の着てるジャージを見るなり、「Aちゃんは私が認めているから同じジャージで良いけど、あなたはだめ」とまで言われました。

この段階で分かると思いますが、最初の鼻血のコンプレックスでいじめを受けたのではありません。最早、理由というものは関係ありません。

その後、小学生の私は解決策も考えていませんでしたが、人をよってたかっていじめようとするのはばかばかしいしという気持ちが芽生えました。

⇒陰湿ないじめを撃退・予防できる弁護士保険とは?

女子の多感な時期にエスカレートし始めた陰湿ないじめ

中学になると小学校は別で知らなかった同士で、友だちを紹介しあってワイワイしていて楽しかったんです。

当時のアイドルの雑誌を持ち寄って、推している人の切りぬき交換とほのぼのと生活していました。女子8人くらいで自転車で川へ遊びにいったりもしました。

しかし、2年になるとクラス替えで雰囲気がガラッと変わったのです。

タイトルとURLをコピーしました