求人内容と違う最悪な職場に派遣させられた話

求人内容と違う職場のトラブル
この記事は約3分で読めます。
半沢君の弁護士保険窓口

私はこれまでバイトやパートや派遣などで、いろいろな職を転々としています。職を転々とする中で不快な思いや辛い経験を何度もしたことがあるのですが、その中で「訴えてやりたい!」と思ったほど、理不尽で苦い経験をさせられた出来事があります。

⇒求人トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

面接の時に説明された求人内容と違う!

当時仕事を探していた私は、求人情報誌で良さそうな仕事を見つけ、某派遣会社の面接をうけました。派遣会社の人の説明によると、派遣先はガラスを製造している工場で、仕事内容は手の平サイズの小さなガラス板の検品とのことでした。綺麗な室内での座り仕事で、ガラスに傷がないかどうかを確認していくだけの、いたって簡単で安全な作業だと説明されました。

私は突然意識を失って倒れてしまう恐れのある『てんかん』という病気を抱えていたため、職場環境や仕事内容の安全性には、人一倍気を付けて仕事を選んでいました。派遣会社からの説明を聞いて、「この仕事内容なら大丈夫そうだな」と感じたので、職場見学をさせてもらうことにしました。

職場見学で目の当たりにした壮絶な光景

派遣会社で面接をうけてから2日後。職場見学の承諾が得られたという連絡が入り、派遣会社の人と見学に行く日時を決めました。そして職場見学当日。派遣会社の人に案内されてガラス工場の中に入ると、そこはお世辞にも綺麗とは言えない環境でした。

面接の時に「綺麗な室内での座り仕事」だと聞いていた私は、少し不安な気持ちになりながらも、そこの工場の人に挨拶をし、いろいろと説明を受けながら工場の中を見て回りました。

工場の中を見て回っていると奥に2階へ上がる階段があり、「あなたにやってもらいたい仕事は2階にあるんですよ」と言われて、2階にある小さな部屋へと通されました。そこの部屋では2人の女性が椅子に座り、小さなガラス板を検品しています。

女性が検品しているガラス板を工場案内してくれている男性が手に取り、「ここに小さな傷があるのがわかりますか?」と質問してきました。5枚ほど傷が見えるかどうかのチェックをされた後、「視力は問題ないようですね」と言われ、しばらく2人の作業風景を見たあと事務所へと通されました。

事務所で今までの職歴や手先は器用かなどの質問をされたあと、勤務時間・勤務日数・時給などの説明がありました。一通り説明が終わると、「どうですか? この仕事やっていけそうですか?」と聞かれたので、「はい、できそうだと感じました」と答えると、驚いたことにその場であっさりと採用が決定しました。合否の連絡は後日来るのが普通だと思っていたので、この即決には驚きでした。

実際の仕事内容が求人内容と違うんですけど??

1階で行われていた仕事は、ガラスを加工したりカットしたりしていて危険な感じがあったものの、2階の仕事は説明されていた通り安全で簡単そうだったので、これならやっていけそうだと思っていました。

タイトルとURLをコピーしました