後妻はなぜ辛い?後妻歴3年目の私が解説

後妻は辛い家族のトラブル
この記事は約3分で読めます。
半沢君の弁護士保険窓口

前夫との結婚生活でボロボロ…もう結婚で幸せになるのは無理なのかな…と思っていたころに主人と出会い再婚。お互い結婚に一度失敗しているからこそ慎重になる二人。また家族になれる幸せを噛み締めつつ、幸せだけではない再婚。

前妻の存在があるからこそ辛いときもありますよね。夫のことが好きだからこそ、普段明るくしていても内心は引っかかっている後妻の気持ちは、後妻になってみないとわからないです。今回はなぜ後妻が辛いのか、後妻歴3年目の私が解説します。

⇒女同士のトラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

後妻はなぜ辛い?

後妻が辛いのはまず「前妻の存在」です。人間的な感情を言ってしまうと、夫のことが好きだからこそ、自分にしてくれているように「前妻にも優しかったんだろうな…どんな言葉をかけて、どんなプロポーズをしたんだろう…」そんなことを考えてしまいます。

また、前妻との子どもがいたら尚更です。一度は家族・家庭を築いていた夫。そこには嘘偽りのない笑顔と幸せが溢れていたであろう、こんなことまで考えてしまうときもありました。

私との再婚で夫は本当に幸せと思ってくれているのだろうか、前の家族と比べられているのではないか、そう思っては心が沈み自己嫌悪に陥る日々。でもそんな姿や顔を見せてはいけないことはわかっているから悩みを打ち明ける場所もない。

誰かに話しても「再婚ってそういうものでしょ?」「自分が選んだ相手でしょ?」「わかってて再婚したんじゃないの?」と言われるだけ。そんなこと、わかってる。だた、聞いてほしいだけ。

私だって人間なんだから、悩んだり病んだりすることもある。そう思っていました。けどやっぱり、世間から見て後妻は‘‘前妻がいるのをわかっていて自らその道を選んだ‘‘にしか過ぎず、同じ立場になって人でないと自分の苦しみを理解してもらうのは難しいのです。だから辛いのです。

今の生活に不満があるわけでもない・夫が私をいまだに好いていてくれているのもわかってる・夫との子供も生まれ、とても幸せだと言える・飲みにも行かず単独行動もせず、休みの日は必ず家族といて一緒に家事・子育てをしてくれる夫…

傍から見たらどこに悩みが出てくるのか、不安になる要素もないのでは?と思われるほど夫は尽くしてくれていると思います。私も感謝しています。でも、それでも時々勝手に妄想して病んでしまうのです。だって、私も人間だから。

後妻にとって1番辛いこととは?

後妻の何が辛いって、周りに気持ちの理解がしてもらいづらいこと前妻との子どもがいた場合、養育費がこちらの生活費からかかってくること夫は前妻との子どもに本当は会いたいのでは…と余計な心配が出てくることです。

養育費、これは払うのが当たり前だし、再婚する時承知して一緒になった。だから頭では悩み事に入れる事ではないとわかっています。けど、私の家庭もそこまで余裕があるわけでもない、その養育費がなければ、この金額を我が子に使えるのに、旅行にだって行けるのに…そう思ってしまうのです

タイトルとURLをコピーしました