女に騙された…300万円の借金を背負わされた私の実体験

女に騙された男女のトラブル
この記事は約3分で読めます。
半沢君の弁護士保険窓口

⇒女性トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

社会人2年目。24歳の時にある女性と再会しました。

それは、19歳の時に飲食店のバイト先で2回ほど一緒になった一つ年上の女性です。僕がそのバイト先をすぐに辞めてしまったので、実際会ったのはその2回のみですが、顔は歌手の倉木麻衣さん似でとても美人な好みの方です。

なんとか声かけてアドレス交換まで行ったきり、バイトはやめてしまったので中々その後は連絡とることがなく僕もしばらく記憶から遠ざかっていました。

24歳の時に、携帯の連絡帳を見返してみてたまたまその女性の連絡先を見つけたので、思い切って連絡したらつながり、なんと会えることになりました!

でも、『今ここで働いているから、遊びに来てー。終わってから二人で飲もう!』と紹介されたのはキャバクラ。しかも1時間8千円の少し高めなところです。

『え、どういうこと?』と思いました。薄給の24歳の若造にとって大きな出費です。ただ、終わった後会えることもあり、本当にきれいな方で会いたかったので、行ってみることにしました。

正直、久々の再開、楽しかったです。あっという間に2時間経過。
『じゃああとでね!』ということで約束をして、僕は近くのマンガ喫茶で待っていることに。

・・・しかし、約束の時間になっても全然連絡来ず。やっと連絡がつながったと思ったら、『ごめん、急にお客さん来て無理になった』とのこと。

はぁ仕方ない、と思いつつその日は帰りました。ただ、圧倒的にきれいになっていた彼女に正直心奪われ、その後も何度か通い気づいたら告白していました。
その答えは何と『OK』。

しかしその後も、忙しいからとの理由で、外で会うとこはありませんでした。基本はお店に行って会話をして、『終わったらあとでね!』といわれ待っていても結局理由付けられ来ない、ということの繰り返しです。

そんな感じで月1回ほど通っていたある時、彼女から知り合いが良い話知っている!とのことで紹介され、とある男性に会うことになりました。

内容は、消費者金融のカード情報を会社の仕事で使っているのでカードを作って、カード情報を提供すれば謝礼金がもらえる、というものでした。今思えば怪しすぎる話であり得ないのですが、いかにもうまく作られていた話であった点と、彼女の頼みということで承諾してしまったのです。

初の消費者金融のカードづくり、正直とても気がひけました。ただ、促されるまま3つほどの消費者金融カードを作り、その男性に暗証番号とカードを渡してしまったのです。男性は、少しその場を離れた後、戻ってきて10万円の謝礼金とカード私に渡し終了しました。

その後すぐに分かったのが、すべての消費者金融のカード限度額まで引き落とされ男性に持ち逃げされたということでした。

その件を彼女に話したところ、『なんで情報を渡すのか?』と怒られ、何とか男性を探さないと!という話になっていきました。今思えば『明らかに仲間だった』と分かり切ったことですが、知り合いを使って探すと言ってくれ、その時は味方なような雰囲気を感じたのです。

しかし、そこからがさらに地獄です。彼女の手口がさらにエスカレートしていきます。

彼女は

  • 自分は身寄りがない
  • 体が弱いから手術しないといけない
  • 保険証がない

というような、あらゆる理由を言ってきてお金が必要アピールをしてきます。
もちろん、本当かどうか確認したいと聞いても、うまく理由を付けてはぐらかすことばかりです。

私としては、持ち逃げされた男性を探すのも彼女ありきであり、なんとかお金を取り返したい気持ちでいっぱいでした。また、もう少しで見つかりそう、見つかれば返せるなどといった言葉を巧みに差し込んでくるのです。

私自身後に引けない状況に追い込まれていたため、彼女を信じるしかできなかった、というのも大きな理由でした。

タイトルとURLをコピーしました