SNSで2~3人から誹謗中傷を受け人間不信に追い込まれた僕の友人

SNSの誹謗中傷人間関係のトラブル
この記事は約4分で読めます。
半沢君の弁護士保険窓口

近年、スマートフォンが普及し、誰しもがSNSを積極的に使うようになりました。特に、Twitter、Instagram、Facebookは特に人気のSNSです。その人気ぶりは、プライベートだけではなく、ビジネスなどでも頻繁に利用されるほどです。

SNSは話題の拡散性や、コミュニケーションのしやすさといった面で非常に利便性が高いです。この先も世界中でこの流れはしばらく続いていくでしょう。そして、ますます便利になっていくことが予見されます。

しかし、SNSは便利な反面で様々な問題を引き起こしています。特に問題視されているのは、個人や団体に対する誹謗中傷です。SNSでは顔が見えない上に、素性も分からないことが多いので、言いたい放題言える部分があります。

その影響もあり、誹謗中傷も発生しやすいようになってしまっているのです。実際にSNSでの誹謗中傷が原因で、問題や事件に発展したケースは数多くあると言われています。

今回は、そんな便利と謳われているSNSで、誹謗中傷の被害に遭った友人の話をします。SNSの誹謗中傷により、人間不信にまで陥ってしまったケースです。皆さんにとっても、近しいケースが起こりうる可能性のある話だと思われます。

⇒SNSの誹謗中傷を撃退・予防できる弁護士保険とは?

友人はどのような誹謗中傷を受けたのか

友人はとあるバンドに所属し、ボーカルとして活躍をしています。そのバンドは、ネットでもファンが多く、SNSを中心にして、話題を集めたこともあります。斬新な音楽性であることも評価され、評論家から高評価を獲得していたほどのバンドです。

ライブや、リリースを重ねていく中で、ますますファンが増えていき、友人の私から見ても順風満帆に見えました。実際に収益の部分でも大きく成功をしていたことから、まさしく波に乗っていたはずです。

ただ、そんな風に順調に売れていく彼らを快く思わない人たちも、一定数いました。いわゆるアンチという存在ですが、友人はあまり快く思っていないようでした。友人は、「アンチがどこか不気味で、不愉快だ」と私に相談してくることも少なくありませんでした。

そして、あるタイミングで、友人や友人のバンドのメンバーは言われもない誹謗中傷をSNSで書き込まれてしまいます。

「音楽性がダサい!才能がないからバンドを辞めろ!」、「メンバーの容姿が気持ち悪い」など、悪質な誹謗中傷を受けたそうです。どんどんエスカレートし、2~3人のユーザーからそういった嫌がらせをSNS上で受けたそうです。

個人名まで出されていたので、友人たちはすっかり落ち込んでいる様子でした。音楽活動を行っていただけで、ここまで言われる必要があるのかと、私も嫌な気持ちになったほどです。

その後も、その2,3人のアンチから誹謗中傷が止まりそうもなかったので、SNSサービスに通報するようにしました。知り合いや、ファンの方にも協力してもらい、みんなで通報したのを覚えています。そうすることで、アンチ集団のSNSアカウントを凍結させることに成功しました。

アンチのSNSアカウントを凍結した後は、誹謗中傷も止まるようになりました。一件落着に思えましたが、私の友人はショックを受け、人間不信に陥ってしまいました。

人間不信になった時の友人の様子

多くの誹謗中傷を受け、友人はショックを受けました。アンチの誹謗中傷が収まった後でも、彼は深く精神的なダメージを受けている様子でした。彼は人一倍感受性の強い性格だったので、立ち直るのに時間がかかったのを覚えています。

酷い時では人間不信に陥り、ずっと家に閉じこもっていたそうです。それほどまでにSNSでの誹謗中傷による精神的ダメージが深刻でした。少し連絡が取れない時期もあったので、友人として私もますます不安になってしまいました。

そこで、なんとか彼を救い出そうと、私は話を聞いたり、遊んだりしました。他のメンバーも彼を心配しており、積極的に働きかけるようにしてケアしてくれていたそうです。

そうすることで、友人は少しずつ立ち直っていきました。しかし、今でもSNSを見るのは怖いそうで、個人のSNSアカウントは消しているそうです。実に可哀想だなと私は心を強く傷めました。

何の罪もない人がSNSで誹謗中傷をされるのを見かけたりするたびに、私は強い怒りを覚えます。SNSは確かに便利ですが、その反面恐ろしい所も多いのだと、改めて認識するようになりました。

SNSで誹謗中傷されると自殺に追い込まれることも

こういったSNSでの誹謗中傷は、社会問題になっています。国内だけではなく、国外においても、問題視されている傾向があります。

芸能人や業界人に対する心のないバッシングがSNS上では絶えません。各SNSサービスも対策を取り始めてはいますが、一向に減っていく様子は見られないのが現状でしょう。

そして、特に問題なのが、SNS上での誹謗中傷が原因で、命を経つ人が出てきていることです。芸能人や業界人にはその傾向が特に顕著です。

タイトルとURLをコピーしました