盗撮された写真をLINEで勝手にバラまかれた話

盗撮された人間関係のトラブル
この記事は約2分で読めます。

まず、この出来事を話す前に軽く登場人物を紹介します。僕と僕の彼女とEさんと人物Bです。Eさんは、僕が一年前からお世話になっている人で、彼女とも面識があります。BはEさんの知り合いで、僕たちは初対面です。

⇒盗撮の撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

電話占いヴェルニ

盗撮された写真をLINEで勝手にバラまいたB

これは、初対面の相手に盗撮されてその写真をLINEで勝手にバラまかれた話です。

ある日、Eさんから「今度飲みに行こう」と誘われて、彼女も連れてきていいとのことだったので金曜日に僕の仕事が終わり次第彼女と2人で指定された店に行く約束をしました。

その日は少し仕事が長引いて、夜の7時に指定された店に着きました。店内に入ると、
Eさんの横に知らない太ったおばさん(人物B)がいて、すでに飲み始めていました。

たまにEさんはなにも言わずに知らない人を連れてきていたので、まあいいかと思い席に着きました。

⇒盗撮の撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

電話占いヴェルニ

初対面とは思えない横柄な態度をとるB

するとEさんに「遅くなったね」と言われたので少し仕事が長引いたことを伝えました。

もともと仕事が終わってから集合の予定で時間も決めていたわけではなかったのでEさんも気にしている様子じゃなかったのですが、突然Bが「社会人なら時間くらい守れよ。私にも20歳の息子がいるから言える。決められた時間があるなら・・・」と
5分くらいぶつぶつ言ってきました。

初対面とは思えない態度で、驚きつつ彼女と顔を見合わせました。彼女は僕をかばおうと、文句を言おうとしていたのでばれないようになだめました。特に時間が決められているわけじゃなかったんだけどなと思いながらも酔っ払っているから仕方ないなと思い、とりあえずすみませんと謝り、気にしないことにしました。

⇒盗撮の撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

電話占いヴェルニ

僕だけでなく僕の彼女にまで暴言を吐くB

その後、少し飲んで次の店に行く事になりました。僕が仕事終わりにそのまま来たのでご飯も食べれるように少しおしゃれなカフェっぽい飲み屋に行きました。店内は若い人しかいなくて、隣の席では女子会が行われていました。

そんな空気の店内でBは大きな声で騒いだり、店員さんに「お客様は神様だ」と大きな態度をとったりしていて、場違いだし周りからチラチラ見られて恥ずかしかったです。

そんなBのことはほっといてEさんと仕事の話になって、「お前には期待してるからな」と言われたときに急に横からBが「これでちゃんとできなかったらお前潰すからな!」と意味のわからないことを言ってきて、この人仕事関係ないのになと思ったのですが、徐々にイライラしつつもここまではまだ我慢できていました。

電話占いヴェルニ
タイトルとURLをコピーしました