ゲームアカウントの乗っ取り犯人を特定する方法

ゲームアカウントを乗っ取り人間関係のトラブル
この記事は約3分で読めます。

場所を選ばずプレイできるスマートフォンのゲームアプリ。ちょっとした時間つぶしに使えて便利ですよね。夢中になってしまい、時間を忘れて遊んでしまう人もいるでしょう。

しかし、本来なら楽しいだけのゲームを悪用して、詐欺を働く人もいます。

不正アクセスによる『ゲームアカウントの乗っ取り詐欺』。話には聞いていたものの、自分が被害者になる日が来るとは思いませんでした。

これはゲームアカウントの乗っ取り被害に遭った私の体験談です。

解決していないものの、ゲームアカウントの乗っ取り犯人を特定することに成功しました。事件の経緯と、私が犯人の特定に成功した方法について紹介します。

⇒アカウントの乗っ取りを撃退できる弁護士保険とは?



ゲームアカウント乗っ取り被害に遭った経緯

広告で見かけたゲームをインストールしたのは、2019年の春ごろでした。

ジャックポットやハイスコアを出すと、ランキングにプレイヤー名が載ります。

あるとき、日本語で、コインを分けてほしいという話がありました。

Twitterのアカウントを教えられたので、専用のTwitterアカウントを作り、数回やりとり。そして、アイテムの交換をすることで話が決まりました。

すると相手が、「確実にアイテムを持っているか見たい」と希望したのです。

ゲームのログイン方法は以下の3種類。

  • Facebook
  • WeChat
  • Twitter

上記3つのうち、私はWeChatを利用していました。

『ログイン方法をTwitterに変更して、IDとパスワードを教えてほしい』

そう相手に言われた段階で、詐欺だと気付くべきでした。

タイミングの悪いことに、私は徹夜明け。まったく頭がまわっておらず、つい相手に情報を渡してしまいました。

すると相手にアカウントとパスワードを渡した後、所持していたアイテムが消えました。さらにTwitterのパスワードも勝手に変更されたのです。Twitter・ゲームどちらもログインできなくなりました。

Twitterアカウントが、普段使っているものでなかったのだけが救いです。

⇒アカウントの乗っ取りを撃退できる弁護士保険とは?



どうしてもゲームアカウントを取り返したかった理由

すぐに詐欺だと気付き、言葉にはならないほど腹が立ちました。自分も迂闊ですが、それは詐欺を許す理由にはなりません。

ゲーム内アイテムは諦めるとしても、アカウントを取り戻そうと考えました。

「パスワードを変更されてしまい、Twitterとゲームにログインできない」たかがゲームだと言えば、それまでです。

それでもアカウントを取り返したかったのには、ゲームを始めた理由が関係しています。

2019年、私は、病気で余命わずかな犬と暮らしていました。犬は、なぜか0時から4時までは、毎晩うとうとしながら起きていたのです。その犬が眠るまでのあいだ、眠気覚ましとして始めたのが、このゲームでした。

そのため思い出のあるアカウントが、詐欺師の手にあるのが、許せないと感じたのです。

⇒アカウントの乗っ取りを撃退できる弁護士保険とは?



ゲームアカウントの乗っ取り犯人を特定する方法

状況次第で使えない可能性もありますが、私が相手と連絡を取った手順を紹介します。

私も、相手の住所氏名までは特定できていません。それでもアカウントを奪った相手に連絡して、Twitterアカウントは取り返しました。

つまりゲームにもログインできるようになったのです。