急に殴られた!難癖じじいの無差別な暴力

殴られた人間関係のトラブル
この記事は約2分で読めます。

良く皆さんも電車や、道端で暴力沙汰に絡まれている方を見かけたことはありませんか?なぜそうなっているのか不思議がられることもあるかと思います。

実際に注意深く見てみると、中高年の方が揉めている場合が多いのではないでしょうか。中には、そういった事件に巻き込まれてしまった方も中にはいるかもしれませんね。思わず、頭が真っ白になりパニックになる場合もあります。

そして、揉め事が大きくなると、相手から暴言を吐かれたり、殴られたりする可能性もあります。不審者はどんなことをしてくるか分からないところがあるので、油断できません。

相手が酔っぱらったりしているとさらに大変です。殴られたりだけでは済まないかもしれません。命にかかわったり、事件に発展したりする可能性もあるので、十分な対応策をとることが求められます。

そこで、今回は私が高校生の時に、おじさんに難癖を付けられ殴られた話をご紹介いたします。もうだいぶ昔の出来事なのですが、今でもこの話を思い出すと、やるせない気持ちでいっぱいになります。

⇒老害トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?



肩が少しぶつかっただけで、ぶん殴られた高校時代の僕たち

私と友達は中学時代からの仲でした。高校が違ってもよく遊んでいたくらいの大親友でした。地元でよく、くだらないことをして遊んだものです。本当に一緒にいて楽しい友達であったことは違いありません。

そんな僕たちがいつも通り地元で遊んでいた時のことです。夕飯をお店で食べて、一緒に家に帰る道の途中の話でした。暗くて少し周りが見え辛かったことを強く覚えています。

そこで友人は何かに軽くぶつかった感触を覚えたそうです。その直後に、怒号のようなものが飛んできました。その後に気づいたのですが、おじさんに軽く肩がぶつかっていたそうです。

⇒老害トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

おじさんはかなり怒っていて、僕たち二人は掴みかかられました。きちんと謝ったのですが、おじさんの怒りは一向にゆるむ様子を見せません。僕らも不可解だったので、そこから逃げようとします。

しかし、どこまでも追いかけてきて、また捕まってしまいます。そして、友人は思い切り殴られたのです。その後、僕も殴られたりしてとんでもない目に遭いました。その時に、警察がいればどれだけ心強かったでしょう。