態度が悪い警察官の職質で外に出られなくなった話

警察の職質人間関係のトラブル
この記事は約5分で読めます。

私の違法ではないかと考えられる職質体験談を紹介します。

ある日、タメ口で態度の悪い警察官に職務質問された

私は、自宅近くの片側2車線の道路で自転車で信号待ちをしておりました。そのときの服装は、ロングTシャツにジーパン、スニーカーなど、ごくごく普通の服装で信号を待っていました。

信号待ちをする直前に車道では、私と同じ方向でパトカーが信号待ちをしているのが見えてて、なんとなく「パトカーが信号待ちしているな」と思いながら止まっていました。

そんな中、私の目の前で1台の車が堂々とUターンしていきました。そこはUターン禁止場所というのはわかっていたので、「これは捕まるな」と思い、私はなんとなくですが後ろを振り向きました。

パトカーはまだ信号待ちをしていたので、この後Uターンした車が追いかけられて止めに行くのだろうなと思っていました。

⇒警察の職質トラブルの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

しかしその後、信号が変わり私が普通に自転車で直進していたところ、なぜか同じスピードで車がついて来ているような感覚があり、気のせいかなと思いながら向かう方向が左だったので、左折したところ、さらに車がついてきていると感じたので少し振り向くと、なんと先ほどのパトカーが私を追いかけているように感じましたが、なぜかそこからスピードをあげて私を追い抜いていきました。

いったい何をしているのだろうと思っていたときにパトカーが私の前方で止まり、1人の警察官がパトカーから降りてきて、こちらへ走ってきました。

まったく原因がわからないのでなにごとかと思い私がその警察官に「さっきUターンした車は完全に違反してましたよね?」と信号待ちをしていたときの出来事を話したところ、警察官は「は? どこどこどこどこ?」と「どこどこ」ばかり繰り返し、険しい顔をしながら私に一歩ずつ近づいてきました。

私はさらに信号待ちしていた道路の方向を指差して「あの場所でさっき車がUターンしてたじゃないですか?」とUターン禁止場所での違反を説明しましたが警察官が「しらん、見てない」とタメ口で言ってきました。

⇒警察の職質トラブルの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

そもそも私が見えていたのに、目の前でUターンした車が見えなかったはずがありません。しかも私がなんとなく後ろを振り返ってのもわずか3秒程度でした。

その後、違反者に説明している間に止まっていたパトカーからさらにもう1人警察官が降りてきて「どうされました?」と言われ、何かこれ以上言うと、私が連行されそうな勢いを感じましたので、Uターンの説明をするのを諦めようと考えていたところ、最初の警察官がいきなり「自転車を確認させてもらわ」とどういった職務質問なのか説明しないまま、自転車を確認していきました。

さらに私は名前も聞かれ、結局は職質に関する協力要請など一言もなく「はい、確認できました」と何のことかまったく説明せずに逃げるように帰っていきました。おそらく自転車の防犯登録しているかなどの確認とは思いますが、狭い住宅街で乗用車のセダン型の自動車が追いかけてくるのは非常に驚きました。

⇒警察の職質トラブルの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

自転車やバイクでたまたま通りがかったときに「今、自転車の盗難が多く、確認させていただいてもよろしいですか?」などの説明を受けていたなら、いくらでも協力しますが、こういった追いかけられて、高圧的な態度でタメ口で話されると、恐怖でしかありませんでした。

しかも特に荷物をもっているわけでもなく、リュックやカバンを持っているわけでもなく、時間はお昼ごろでしたので、この職質は恐ろしいものだと思いました。

その後は、精神的に参ってしまい、自転車で外に出ることが当分できなくなり、胃薬なども飲み、体調不良が続きました。

今は自転車に乗ることはできますが、後ろの振り向くと、たまたまパトカーがいたら、また追いかけられるのではないかと思い、なかなか振り向くこともできません。

ですので、信号のない場所で渡るときに後ろの車を確認したいのですが、後ろをはっきりとみれないなどの障害が出ております。

⇒警察の職質トラブルの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

警察官の職務質問はどう撃退すればいいのか?

その後、色々と調べたのですが、警察官職務執行法には職質の要件がはっきり記載されています。2条1項には「警察官は、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者又は既に行われた犯罪について、若しくは犯罪が行われようとしていることについて知つていると認められる者を停止させて質問することができる。」とはっきりと記載されています。

2条3項には、任意であることがはっきりと明記されています。

⇒警察の職質トラブルの撃退・予防を期待できる弁護士保険とは?

私の体験からすると高圧的に接近され、半ば強制的に職質が進められていったような感覚があります。私はそう感じました。ここで拒否すると、もっと高圧的になるだろうと恐怖を覚えました。

真昼間にパトカーが少し先で停止して、こちらに警察官が走ってきてさらに高圧的な態度で且つタメ口で違反者を「知らん、見てない」という態度を取られたら、どれほど怖いものかと思います。

住宅街ですので、いろいろな人に見られていたと思いますが周りからすれば、私が犯罪者のように見えたに違いないと考えられます。

タイトルとURLをコピーしました