痴漢に間違えられた僕が無事疑いを晴らした話

痴漢に間違えられた男女のトラブル
この記事は約2分で読めます。
半沢君の弁護士保険窓口

学生や車を持っていない社会人の中には、電車を交通手段にしている人も多いでしょう。電車はその利便性の高さから、通勤通学以外にも旅行や観光にも使われ、現代ではなくてはならない公共交通機関です。

しかし、その利便性の高さゆえ時には心ない人たちの他人を攻撃する場に変わってしまうこともあります。

具体的には駅員さんへの暴力や窃盗、痴漢に間違えられたりなどですがその全てを自分が注意するだけで避けようとするのは不可能に近いです。

駅員さんへの暴力は乗客が加害者になる物なのであまり関係ありませんし、窃盗に関してはギリギリ自分が気を付ければ防げる範囲です。

しかし、痴漢に間違えられた場合はどうでしょうか。自分で避けることは不可能に近く、間違えられた側にほとんど勝ち目はありません。私たちにできるのは痴漢に間違えられた時にできる正しい対処法を知ることだけです。

仮に、正しい対処法を知らないまま痴漢に間違えられたとしましょう。おそらく自分の主張をするだけでは警察は相手にもしてくれないでしょう。これは僕が実際にちに間違えられた体験談です。

⇒痴漢の冤罪トラブルを撃退・予防できる弁護士保険とは?

通学中に痴漢に間違えられた話

僕の体験談をお話しします。僕が大学生の頃、まだ車の免許を持っておらず大学へ登校するときや遊びに行く時など、頻繁に電車を使っていました。

「痴漢」という言葉自体は知っていましたが、長年電車に乗ってきて自分が被害に遭いどころか被害に遭っている人を見たこともなかったので、自分の中でどこか遠くのもののような認識になっていました。

そんなある日、用事で朝早く出かける必要がありどうしても満員電車に乗らなくてはならない時がありました。

初めて体験した満員電車は予想より遥かにすし詰め状態で身動き一つ取れないような状態だったことを覚えています。音楽を聴きながら左手で吊革を持ち、右手でスマホをいじっている体制でした。

するとそれはなんの前触れもなく僕の前に現れました。電車に揺られること数分が経ち、もうすぐ次の駅というアナウンスが流れていたと思います。「この人痴漢です!!」突然聞こえてきたと思ったら僕の右手を掴んで女の人がこちらを睨んでいました。

突然のできことに動揺することしかできなかった僕ですが、なんとか弁解しなければならないと思い「僕じゃありません!」と言ったものの聞いてもらえる気配がありません。

考えてみると当然のことで、勇気を振り絞って周囲に訴えている人が冷静なはずがなく、自分の決定を疑いもしないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました