不良に自転車をパンクさせられた…陰湿ないたずらにメンタルをやられた時の対処法

不良に自転車をパンクさせられた人間関係のトラブル
この記事は約4分で読めます。

⇒自転車をパンクさせた相手に仕返しできる弁護士保険とは?

学生や車を持っていない社会人の中には、自転車を交通手段にしている人も多いでしょう。学校や買い物、サイクリングなど、自転車はとても便利な乗り物です。

しかし時には、悪質な連中によって自転車をパンクさせられることもあります。犯人を特定できなければ、パンクの修理代は自転車の所有者が支払わなければなりません。

とは言え、犯人を特定しようにもそう上手くはいきません。監視カメラがない場所でパンクさせられたら、犯人を特定することは難しいでしょうし、仮に監視カメラがあったとしても、お店の人に「監視カメラを見せてもらってもいいですか?」と言いに行かなければなりません。警察に届け出てからでないと監視カメラすら見せてもらえないこともあります。

自転車を盗まれたのであれば警察も取り合ってくれますが、パンク程度であれば、警察は相手にすらしてくれないでしょう。現に僕は警察に相談できずに泣き寝入りした被害者の1人です。

⇒自転車をパンクさせた相手に仕返しできる弁護士保険とは?



不良に自転車をパンクさせられた悔しい思い出

僕の体験談をお話ししますと、僕が19歳~20歳の頃。まだ車の免許もなく、地元でフリーター兼 起業家として活動していた頃。僕は出かける時はいつも自転車を使っていました。

本屋や図書館でビジネスの勉強をするとき、スーパーに買い物に行くとき、祖父母の家に行くとき、気晴らしに遠出をするときなど、いろんな場面で自転車を使っていました。

そんなある日、夜中に「トライアル」というドラッグストアに自転車で買い物しに行きました。自転車置き場には不良が2,3人おり、なぜかジロジロと見てくるので「感じ悪い連中だな~」と思っていました。

自転車置き場には既に自転車がたくさん置いてあったので、僕は少し離れた場所(監視カメラの目が届かない場所)に自転車を置くことにしました。そして買い物を済ませて自転車に乗ろうとした瞬間…パンクしていることに気づきました。

「誰がこんなことをしたんや?」と、急に怒りがこみあげてきました。考えがグルグル回り始め、考えが止まらなくなりました。確証はありませんが、おそらくさっきの不良連中にパンクさせられたんだと気づきました。

しかし、当の本人たちはもうその場にはおらず、悶々とした気持ちで家路に着きました。悔しい気持ちを発散できないまま、自分の中でストレスを消化するしかありませんでした。

⇒自転車をパンクさせた相手に仕返しできる弁護士保険とは?



陰湿ないたずらにメンタルをやられた時の対処法

陰湿ないたずらをされると、被害者側のメンタルはストレスでいっぱいになります。

  • 犯人を特定できないストレス
  • 仕返しできないストレス
  • なぜ自分だけがこんな目に遭わなければならないんだ、というストレス
  • 大切な物を傷つけられたストレス
  • 金銭的ストレスなどなど…

いろんなストレスを受け入れなければなりません。な・の・に。加害者側はな~んもストレスを味わわずに済みます。腹立ちますよね。自分のストレスを誰かに押し付けるだけで、自分はストレスを味わわなくて済む。かなり理不尽です。

僕の自転車をパンクさせた不良連中は、社会から孤立している印象でした。おそらく学校や職場でも周りに上手く馴染めなかったのでしょう。周りの同級生がドンドン進学し、給料の良い職場に就職していく中、自分たちは何もできずにもがき苦しむしかなかった。その腹いせに他人を傷つける行為に走っていたのでしょう。

もちろん、僕の知る限り学生時代は不良だったけど、卒業して真面目に働いている同級生や、不良なのに頭がめっちゃ良くて医学部に合格した先輩もいます。僕の弟も不良でしたが今は真面目に働いています。そのため「全ての不良が悪い」と決めつけてはおらず、その代わり、不良であろうがなかろうが陰湿ないたずらで人を傷つける連中はゴミだと考えています。

⇒自転車をパンクさせた相手に仕返しできる弁護士保険とは?




そんなゴミに傷つけられた僕は、陰湿ないたずらにメンタルをやられた時の対処法を何とか考え出しました。それは…

  • 防犯グッズを付ける
  • いたずらされない場所に自転車を停める
  • 自転車を愛する
  • 自転車に感謝する

陰湿ないたずらは「された時点で」被害者側の負けです。いたずらをされる前と後では、天と地ほどの差があるからです。

一度でも陰湿ないたずらをされると、攻撃し返すことが難しくなります。だったら守りをしっかり固め、攻撃の機会を相手に与えないことが重要です。

まず、自転車には防犯グッズを必ず付けましょう。チェーンロックなどを付けておくことで、盗難を防ぐことができます。また、自転車を置く場所にも気を付けましょう。